広大な園内でいちごが食べ放題!三重県名張市・青蓮寺湖観光村のいちご狩り

2019年2月24日 10:33更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三重県名張市の青蓮寺湖観光村で5月31日(金)まで、「いちご狩り」が行われている。

収穫できる品種や栽培方式は時期により異なる
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

寒暖差の大きい盆地の気候を活かして生育される果実が、予約不要でおなかいっぱい食べられる青蓮寺湖観光村。早春からはいちご狩りを、夏から秋にかけてはブドウ狩りを実施。同観光村には3つの広大ないちご園が集まる。

土を使わない高設式養液栽培なのでハウス内はとても清潔で、甘くてジューシーな真っ赤ないちごが約30分食べ放題で楽しめる。紅ほっぺ、あきひめ、かおりのなど複数の品種を栽培しており、いちご狩りができる種類は入園時により異なる。

【写真を見る】約30分の食べ放題。いちご好きには嬉しい写真は主催者提供

担当者は「ご案内させて頂いたいちご園のスタッフより、いちご狩りの手順を説明します。みんなでマナーを守って、思うぞんぶん美味しいいちごを堪能してください」と、同観光村でのいちご狩りについて教えてくれた。

雨天設備やバリアフリー設備が充実している青蓮寺湖観光村でいちご狩りを楽しもう!

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る