大阪に温泉型テーマパーク「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」誕生! 屋上庭園は圧巻のスケール

2019年2月21日 17:27更新

関西ウォーカー 新城重登

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪・弁天町に誕生する関西最大級の温泉型テーマパーク「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER(オオサカベイタワー)」が2月26日(火)にオープンする。同21日に行われた報道陣向け内覧会をレポートする。

「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」の露天風呂

すべての画像を見る(20件)

「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」は、天然温泉や岩盤浴、リラグゼーション、レストラン、物販店などで構成する複合商業施設。足湯や池を配置した屋上日本庭園「天空庭園」は約1000坪で、施設全体の延床面積が約5000坪と圧倒的なスケールだ。

約1000坪の日本庭園「天空庭園」

内装などは「安土桃山時代の町が現代にタイムスリップしてやってきた!」がコンセプト。物販飲食エリアのメインストリート「弁天通り」などの豪華な内装や「天空庭園」はインスタスポットとしても注目を集めそう。庭園では忍者ショーなどのエンターテインメントも展開する予定という。

物販飲食エリアのメインストリート「弁天通り」

会見では「大阪ベイエリアが2025年万博の開催地となったことなどで発展が見込まれる」ことや、「日本人の温泉愛好度と温泉旅行頻度」「外国人観光客の温泉への関心の高まり」「大阪での競合温浴施設の少なさ」が開業理由と明かした。

割烹 浮世亭

会見には吉村洋文大阪市長も登壇。「弁天町はベイエリアの玄関口。大阪万博までに世界規模のIR(統合型リゾート)を夢洲に誘致する。ベイエリアは今後、力を発揮するエリア」と話し、「空庭温泉は先日内覧させていただき、温泉施設と思っていましたが、これはもうテーマパーク。ただのテーマパークではなくて個性、ここにしかない。これは国内の人も国外の人も凄く楽しめると確信した」と期待を寄せる。

記者発表会には吉村洋文大阪市長も登壇

内覧した感想は「館内着である浴衣の柄が選べ(男性3種類程度、女性3種類程度)、安土桃山時代のファッションが楽しめるレンタル衣装(有料)でインスタ映えの写真も楽しめる。安土桃山時代にタイムスリップしたような世界感も楽しめる、これまでになかった施設」と感じた。

インスタスポットの「ちょうちん通り」

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。

安土桃山時代からタイムスリップしてきた「空庭ヒーローズ」

■空庭温泉 OSAKA BAY TOWER<住所:大阪市港区弁天1-2-3 ベイタワーノース内 電話:06-7670-5126 時間:11:00~翌9:00 ※岩盤浴11:00~23:00(最終受付22:00) 休み:月1回不定休 駐車場:約900台(有料) アクセス:地下鉄、JR弁天町駅と直結>

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る