話題の“ネコ島”の写真をお届け!グルメも楽しい愛知・佐久島にゃんさんぽ

2019年3月9日 8:50更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三河湾に浮かぶ離島、佐久島。アートの島として有名なのだが、島民の飼いネコや野良ネコが多く、さらには映画「ネコとじいちゃん」のロケ地にもなったこともあり、現在は“ネコ島”として人気を集めつつある。そこで今回は、佐久島のネコスナップとともに、島グルメの情報も紹介。ネコに出会える店などを巡る、“にゃんさんぽ”を満喫しよう!

海の幸を使った多彩なメニューの数々

佐久島の方言で「おれの家」という意味の名前のカフェ「Café OLEGALE」。素潜り漁師のオーナーが捕った海の幸で作る料理や、オリジナルスイーツが自慢だ。

プリプリのカキなど魚介類がメインの「シーフードランチ」(1500円) / Café OLEGALE

すべての画像を見る(30件)

看板ネコの「もち」は3歳のオス。まだまだ甘えたい盛りで、店主さんにぴったりくっつく姿がかわいい!

【写真を見る】今日もいつもの席にちょこんと座る、看板ネコの“もち” / Café OLEGALE

まだまだ甘えたい盛りの3歳 / Café OLEGALE

「Café OLEGALE」住所:愛知県西尾市一色町佐久島下遠田34 / 電話:090-1232-7484 / 時間:11:00~17:00、土曜・日曜・祝日は10:00~17:00 / 休み:水曜、第2・4火曜、不定休

丼や定食などで海の幸を堪能できる

「ごはん屋 海」は、海鮮丼など新鮮な魚介類を使った定食メニューがメインの食事処。4年前に東港前より、今の場所に移転し店内が広くなった。

「サービスランチA海鮮丼」(1350円) / ごはん屋 海

看板ネコの「チョロ」は、推定15歳から16歳のオス。年寄りネコなので寝ていることが多い。

年寄りネコなので、寝ていることが多い / ごはん屋 海

「ごはん屋 海」住所:愛知県西尾市一色町佐久島東屋敷39 / 電話:0563-79-1910 / 時間:10:00~15:00 / 休み:火曜、不定休

グルメやみやげがそろう、おしゃれなカフェ

「サクカフェ aohana」は、地球を2周した旅好き夫婦が営むカフェ&みやげ店。名物のふわふわかき氷をはじめ、タルトなどのスイーツやランチなどが充実する。

「佐久島にゃんこカキ氷 タピオカミルクティー味」(1300円) / サクカフェ aohana

「海の小瓶(右)」(500円~)など、手づくりアクセサリーがたくさんそろう

「サクカフェ aohana」住所:愛知県西尾市一色町佐久島前田45 / 電話:080-4277-5543 / 時間:12:00~18:00、土曜・日曜・祝日は9:30~18:00 / 休み:雨天時、不定休

海を眺めながらのんびりリラックス

オーシャンビューを楽しみながら自家焙煎のコーヒーやスイーツが味わえる「カフェ 百一」。店名は、過去に住んでいた家主にちなんで名付けられた。

奥にある離れからは西港を一望できる / カフェ 百一

「カフェモカと本日のケーキのセット」(850円) / カフェ 百一

「カフェ 百一」住所:愛知県西尾市一色町佐久島西側7 / 電話:090-4187-6271 / 時間:9:00~18:00ごろ / 休み:火曜

和菓子をメインに手作りメニューがそろう

「Oyaoyacafe もんぺまるけ」では、自家菜園で育てた野菜や島の食材を使い、手作りにこだわった和菓子や料理が味わえる。自家製の「ドラ焼き」(1個200円~)が人気だ。

「ドラ焼き(手前)」(1個200円~)、「西尾抹茶 豆乳オレ(奥)」(550円) / Oyaoyacafe もんぺまるけ

「Oyaoyacafe もんぺまるけ」住所:愛知県西尾市一色町佐久島立岩47 / 電話:080-3643-8284 / 時間:12:00~17:00、土曜・日曜・祝日は9:30~17:00 / 休み:水曜・木曜

今回紹介したネコは店にいない時もあるため、会いたい場合は事前に連絡するといいかも。マナーに気をつけて、ネコたちとの触れ合いを楽しもう!

この記事の画像一覧(全30枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る