赤身肉を塊でガブリ!想像以上の柔らかさと旨味におどろく「D-Steak」の炭火焼ステーキ

2019年3月16日 12:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

コスパ五つ星ステーキグランプリの準グランプリに輝いた「D-Steak」。ポンテベッキオの山根大助シェフが、おいしい肉をカジュアルに楽しんでほしいとプロデュースしたお店。自身で開発した機材を駆使した、肉の旨味や香り、食感を引き立てるステーキを提供する。また、肉の端材を使ったビーフライスなど、手ごろに味わえるメニューも充実。<※情報は関西ウォーカー(2019年3月12日発売号)より>

イタリアンの名店が手がけるアイデア満載の赤身肉ステーキ「D-Steak」

黒毛和牛赤身炭火焼Dステーキ200g(3564円)/D-Steak

すべての画像を見る(8件)

熟成された内モモ肉は鮮やかな赤身が濃厚かつすっきり。繊維を細かくカットしているため、心地よくほぐれる食感も楽しい。ソース(奥)も熱々を保つために、特殊なセラミック容器を使用。

【写真を見る】肉に5mm幅の切れ込みを入れ、柔らかな食感を生むDカッター/D-Steak

肉を回転させて焼くDジラロースター。均一に火を通し旨味を定着させる/D-Steak

「山根シェフの新展開というだけで期待大ですが、食べたら期待以上のおいしさに驚き!肉の保存法から焼き方まで、とにかくこだわりが半端ないため、柔らかく肉の旨味がしっかりと楽しめます。そして肉もさることながら、特殊セラミック容器に入ったソースにも注目を。ずっと熱々で、ソースを肉にまとわせると、最後まで焼きたてのようなおいしさが続きます」(編集部・山田孝一)

「準グランプリありがとうございます。通常は煮込みで使うモモ肉ですが、調理法を工夫してあっさりと味わえるステーキに仕上げました。価格帯も手ごろで、年齢問わず気軽に楽しんでください」(料理長・横山慎治さん)

ベンチシートと木材の色みを生かしたカジュアルな空間/D-Steak

アメリカ総領事館の隣、ダイナー風の店構えもおしゃれ/D-Steak

まだある!肉メニュー

羊乳ソースと香草ソースでいただく仔羊の炭火焼(2700円)。羊乳に漬け込んだくさみのない肉はクリーミーな脂が絶妙/D-Steak

オレンジ・実山椒ソースがアクセントの鴨の炭火焼(3132円)。ブルゴーニュ産の仔鴨胸肉はすっきりと柔らか/D-Steak

牛肉と香味野菜を煮込んだソースが濃厚なビーフソースライス(夜、648円)。昼は大サイズ、サラダ付きで1080円/D-Steak

■D-Steak<住所:大阪市北区西天満2-10-2 幸田ビル1F 電話:06-6311-8080 時間:11:30~14:30(LO13:45)、18:00~22:30(LO21:30) 休み:第1・3月曜 席数:24席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄淀屋橋駅、東梅田駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る