<2019パンパニック>おひとり様でも気軽に行ける!福岡“飲めるパン飲み屋”5選

2019年4月9日 17:00更新

九州ウォーカー 大園大輔

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

パンやサンドをつまみにお酒が飲めるベーカリーが、東京を皮切りに福岡でも流行の兆しを見せている。ひとり飲みもできる“パン飲み”の世界へようこそ。

ちょい飲みにもおすすめ!人気パン屋が夜はバルに「EPIDOR 」

【写真を見る】ローストビーフサンド(600円) / EPIDOR

きなこ豚のテリーヌ・ ド・カンパーニュ(800円) / EPIDOR

ハード系パンの名店が18年9月に移転オープン。1階のベーカリースペースは18時を過ぎるとスタンドバルに様変わりし、自家製パンはもちろん、ワインが進む料理を400円~とお手ごろ価格で楽しめる。パンを温めてくれるサービスもうれしい。

自家製パンをつまみに!18時以降はバルに変身 / EPIDOR

[EPIDOR(エピドール)]福岡市中央区薬院2-1-14 / 092-791-7980 / 10:00~23:00、2F「カフェ&レストラン」はランチ11:00~15:00、カフェ15:00~18:00、ディナー18:00~24:00(LO23:00) / 不定休

こだわりの食事系サンドはお酒のつまみにぴったり「vollmond 」

牛肉とレッドチェダー(400円) / vollmond

鶏レバ・パテ(450円) / vollmond

古民家の1階に構える、全10席の小さな店。「お酒に合わせてほしい」と、手作りのサンドイッチやホットドッグを常時約10種類そろえ、週末は昼飲みもできる。「E-ji&co.(エイジアンドコー)」のパンを使い、自家製パテのほかナンコツの煮込みなど居酒屋メニューもある。

隠れ家のような雰囲気がこの店の人気の秘訣 / vollmond

すべての画像を見る(15件)

[vollmond(フォルモント)]福岡市中央区平尾2-14-19 / 092-791-5531 / 17:00~24:00、土・日曜、祝日12:00~ / 水曜休み

国家資格で作るドイツパン!お酒も料理も本場スタイル「ドイツパンとワインの店 リープリング」

ライ麦パン&クリームチーズ(500円) / ドイツパンとワインの店 リープリング

ドイツで修業を積んだ国家資格を持つパン職人が作るドイツパンと、それに合うドイツ料理の店。ビールもワインもすべてドイツ産で、ランチからお酒を楽しめる。豚の血液で作るブルートヴルストは必食。

内観 / ドイツパンとワインの店 リープリング

[ドイツパンとワインの店 リープリング]福岡市東区三苫6-14-32 / 092-985-0021 / ランチ11:00~14:30(LO)、ディナー18:00~21:30(LO)、パンの販売は11:00~売り切れ次第終了 / 日曜、第2月曜休み

サバサンドを食べながら、ダーツで遊ぶ!「ヤマダサンド」

サバサンド(600円) / ヤマダサンド

ピリ辛鉄板 ナポリタン(900円) / ヤマダサンド

あっさり和風味に仕上げたサバサンドが名物。約10種類のサンドイッチはテイクアウト可能で、お酒は100種類以上がそろう。金・土・日曜は女性は2000円で、時間制限なしで飲み放題に。店ではダーツも楽しめる。

内観 / ヤマダサンド

[ヤマダサンド]福岡市中央区薬院2-3-5 エコール薬院2F / 092-753-6258 / 19:00~翌5:00 / 無休

本格派サンドイッチ×クラフトビールが相性抜群「SIX PINES SANDWICHES」

チーズステーキサンド(700円~) / SIX PINES SANDWICHES

チリチーズポテト(500円) / SIX PINES SANDWICHES

昼はカフェ、夜はダイニングバーで本格手作りサンドイッチを用意する。看板メニューのバインミーは軽めのパン生地ながら、野菜たっぷりでボリューム満点。クラフトビールなど世界のビールも豊富。

昼はカフェだが、夜はダイニングバーとなる / SIX PINES SANDWICHES

[SIX PINES SANDWICHES(シックス パインズ サンドウィッチ)]福岡市中央区草香江2-2-8 / 092-985-6975 / 12:00~翌2:00、ランチ~19:00、月曜は20:00~ / 無休

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る