富山県で遊ぶなら!富山県の人気おでかけスポット5選

2019年5月2日 16:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

黒部ダムや世界遺産の五箇山など、観光名所が存在する富山県。今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、富山県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2019年4月1日時点のもの)。

砺波市上和田緑地キャンプ場


 


国指定増山城跡が近くにあり、水上スポーツ教室を開いているキャンプ場。和田川ダム湖に隣接し、「戦国祭り」や「ふれあいウォーク」などのイベントを開催している。テントサイトは28区画あり、施設や広場もきれいに整備されている。

大沢野ウェルネスリゾート ウィンディ


 


自然に囲まれたリゾート感溢れる健康増進施設。子供に人気のウォータースライダー付きの流れるプール、幼児も遊べる子供用プール、本格的に泳ぎたい人には長さ20メートルの直線プールの3種類がある。

また、水着着用のバーデゾーンには気泡湯や打たせ湯など12種類の浴槽が揃う。お風呂には春日温泉の2種類の源泉を引いており、2週間ごとに男女の浴室が入れ替わる。トレーニングルームやレストランもあり、設備が充実している。

富山市21世紀の森杉ヶ平キャンプ場


 


標高1596メートルの白木峰の山麓にある広葉樹に囲まれたキャンプ場。炊事棟やトイレをはじめ、テニスコート、コテージなど、設備も充実している。サイト数は少なくコテージが中心となるが、手頃な料金で楽しめるログハウスタイプのバンガローが5棟あり、テントがなくても気軽にアウトドアが楽しめる。

三井アウトレットパーク 北陸小矢部


 


国内では13施設目となる三井アウトレットパーク北陸小矢部。北陸エリア初となるアウトレットで、北陸エリア初出店81店舗、アウトレット日本初出店10店舗を含む全173店舗が並ぶ。

グルメでは石川県や富山県など北陸の人気店が集い、地産地消にこだわった食が味わえる。また、施設のシンボルにもなっている観覧車など遊べるスポットなどもあり、家族連れでも安心して買物が楽しめる。

ミラージュランド


 


1982年に魚津総合公園内に開園。正面入口からすぐの場所にある5階建ての立体迷路「ミラメイズ」をはじめ、さまざまなアトラクションが充実する。また、15分で1周する日本海側最大級のジャイアントホイール(大観覧車)は、6人乗りのゴンドラで家族やグループで楽しめる。開園期間中には、2時間貸し切りで夜の遊園地をひとり占めできるサービスも行っている。

今回紹介したお出かけスポットの中には、時期によってアトラクションや展示内容が変わるところもある。気に入ったおでかけスポットは一度と言わず、二度三度と遊びに行くのもいいだろう。

桑原健太郎

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る