香川県で遊ぶなら!香川県の人気おでかけスポット5選

2019年5月4日 07:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

讃岐うどんや骨付鳥といったグルメのみならず、街中には多彩なアート作品が点在している香川県には、週末や休日のおでかけにぴったりの施設もたくさん!

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、香川県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2019年4月1日時点のもの)。

レオマリゾート・NEWレオマワールド


 


オリジナルキャラクターやパフォーマーが総出演するパレードや3Dプロジェクションマッピング、奇跡のオーロラショーなどエンターテインメントが充実。最高速度75キロで走るジェットコースターや、直径50メートルの大観覧車など22種のアトラクションも楽しめる。

また、仕事体験施設のごっこタウン(90分500円)や、2018年度日本夜景遺産認定の中四国最大級250万球のイルミネーション「レオマ光ワールド」なども堪能できる。

その他、春秋のバラまつりなど四季の花が咲き誇る「レオマ花ワールド」や、亜細亜の遺跡を忠実に再現した「オリエンタルトリップ」、夏限定の屋外プール「レオマウォーターランド」などもあり、家族揃ってたっぷり遊べる。隣接のホテルレオマの森にある、日帰りでも利用できる天然温泉やバイキングもおすすめだ。

トレスタ白山スポーツセンター


 


豊かな自然に囲まれた、家族みんなで楽しめるリゾート施設内の夏季限定プール。ゆったりと流れる150メートルのプールは泳いだり、山々を眺めながら浮き輪でぷかぷか浮かんだりと楽しみ方は自由自在。

高さとコースが異なる2基のウォータースライダーが人気で、小さな子供には滑り台の付いた幼児用プールも用意。ほか、テニスコートも併設する。

柏原渓谷キャンプ村 Tatutaの森


 


綾川の上流、柏原渓谷沿いにあるキャンプ村。柏原渓谷は水源の森百選にも選ばれており、里山の風情を残した自然を身近に感じることができる。

テントサイトは棚田の跡地が利用されているほか、すぐ下には川が流れているので風情をぞんぶんに楽しめる。コテージは、ロフト・暖炉・キッチン・バス(温泉水)・トイレ・バーベキューコンロ完備のテラス付き。

新屋島水族館


 


絶滅危惧種指定のアメリカマナティや、コミカルな動きを見せるフンボルトペンギンなど、いやし系の生き物たちがいっぱいの水族館。イルカやアシカ、アザラシのライブやペンギン、ウミガメ、カワウソ、マナティのエサやりも人気を集めている。

国営讃岐まんのう公園


 


日本最大の灌漑用ため池、満濃池のすぐ東に隣接する公園。園内は弘法大師縁の池や自然生態園、日本オートキャンプ協会から5つ星認定を受けているオートキャンプ場のホッ!とステイまんのうなどがある。

今回紹介したお出かけスポットの中には、時期によってアトラクションや展示内容が変わるところもある。気に入ったおでかけスポットは一度と言わず、二度三度と遊びに行くのもいいだろう。

桑原健太郎

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る