名古屋にある、本当にウマい老舗の焼鳥店3選

2019年5月4日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

香ばしい匂いに誘われて、つい食べに行きたくなってしまう焼鳥。今回は、名古屋ならではの歴史や食文化が感じられる、老舗の焼鳥店を3つ厳選して紹介しよう。

店頭でモクモクと立ち上がる煙に誘われる...

創業70年を迎えた焼鳥店「角屋(かどや)」(名古屋市中区)。戦前から戦後にかけて大須・上前津界隈でにぎわいを見せた屋台の雰囲気をそのままに、ファン層を拡大し続けている。串の本数やドリンクに応じたプラスチックの札を数える会計システムなど、昔ながらの営業スタイルも、なんとも懐かしい。

創業当時から変わらない店の雰囲気が魅力 / 角屋

創業当時から変わらない店の雰囲気が魅力 / 角屋

すべての画像を見る(8件)

【写真を見る】強火の直火でこんがりと焼き上げられた焼鳥は、1本110円から / 角屋

【写真を見る】強火の直火でこんがりと焼き上げられた焼鳥は、1本110円から / 角屋

1本110円から楽しめる串焼きは、とん、きもなど全10種類。王道のタレは甘めの味付けだ。もちろん塩にも対応している。

■角屋 / 住所:愛知県名古屋市中区大須2-32-15 / 電話:052-221-9774 / 時間:17:00~21:30、日曜・祝日 16:00~21:00 / 休み:月曜

気軽に一杯引っかけられる、サラリーマンの楽園

「50代~60代の飲んべえはみんな知っている」とも言われている「柳ばし 焼鳥家」(名古屋市中村区)。名古屋の飲み屋を象徴するような店だ。

早い時間から混んでいるが、長居せずサクッと飲んで帰る人も多いのだとか / 柳ばし 焼鳥家

早い時間から混んでいるが、長居せずサクッと飲んで帰る人も多いのだとか / 柳ばし 焼鳥家

直伝の技で丁寧に串を打ち、ジューシーに焼き上げられた焼鳥は、どれも絶品!/ 柳ばし 焼鳥家

直伝の技で丁寧に串を打ち、ジューシーに焼き上げられた焼鳥は、どれも絶品!/ 柳ばし 焼鳥家

人気の「晩酌セット」(1080円)で味わえる串は、きもやき、とんやき、ねぎやき、かわやき、すなぎもの5種類。脂でコーティングするように何度もひっくり返しながら焼き上げており、言わずもがな絶品だ。創業当時からつぎ足している木だる仕込みの醤油を使った、少し甘いタレが味の決め手だ。

■柳ばし 焼鳥家 / 住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-38-8 / 電話:052-571-7822 / 時間:17:00~22:00(LO 21:40) / 休み:日曜

アットホームな空間で、名古屋の庶民的な味を堪能

「串やき 五條 名驛」(名古屋市西区)は、夫婦で切り盛りする居酒屋。料理は手作りばかりがそろい、名古屋の人が昔から親しんできた庶民の味を大切にしている。

まるでおじいちゃんの家に帰って来たような安心感が味わえる / 串やき 五條 名驛

まるでおじいちゃんの家に帰って来たような安心感が味わえる / 串やき 五條 名驛

手羽唐揚(奥右 540円)や味噌おでん(奥左 1個 108円)など、名古屋の庶民的な味が人気 / 串やき 五條 名驛

手羽唐揚(奥右 540円)や味噌おでん(奥左 1個 108円)など、名古屋の庶民的な味が人気 / 串やき 五條 名驛

1本86円からというリーズナブルな値段設定もうれしい。豚は甘口、鶏は辛口のタレを使用しているという。串かつ、いか焼、とん焼、ネギマなどの串メニューのみならず、手羽唐揚(540円)や味噌おでん(1個 108円)もファンが多い。

■串やき 五條 名驛 / 住所:愛知県名古屋市西区名駅2-19-2 / 電話:052-581-7394 / 時間:17:00~21:30※早じまいの場合あり / 休み:日曜・祝日

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る