行きつけにしたくなる店を発見!福岡の心くすぐるオシャレ立ち飲み5選

2019年5月16日 17:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

安いだけでは物足りない!おいしくてもまだ足りない!今、立ち飲み酒場がウケている理由の一つが、味やコスパに加えて、オシャレな雰囲気自慢の店が続々とオープンしていること。気分がアガればトークも弾む!行きつけにしたくなる立ち飲み店5選をご紹介。

和洋の酒&食がそろうオシャレ立ち飲みの代表格「NEO MEGUSTA」

福岡市警固にある「MEGUSTA」を進化させた、和洋の酒と食が味わえる新業態。福岡県産の日本酒やスペイン・チリのワイン、フード約50種類をそろえる。旬の野菜を使った小皿料理、ステーキやローストビーフなどのメイン料理が、多彩なドリンクとペアリングできるのが魅力。

NEO MEGUSTA / ドリンクはカウンターへ受け取りに行くシステム。込み合う店内を移動することで思わぬ出会いがありそう

すべての画像を見る(17件)

【写真を見る】NEO MEGUSTA / プロシュート、サラミ、モルタデッラを盛り付けた「切り立て生ハム」(780円)と「明太子とチーズのアヒージョ」(480円) 

NEO MEGUSTA / 「スタッフ考案メニュー」では「茹でアスパラ」(280円)や「アサリとワカメのぬた」(180円)など旬の食材を使った一皿を用意(5月中旬までの販売)

[NEO MEGUSTA(ネオ メグスタ)]福岡県福岡市中央区赤坂1-10-16 ソピア赤坂ビル1F / 050-5327-5333 / 13:00~24:30(LO24:00)、日曜~21:00(LO20:30) / 不定休

おむすび専門店×スタンドバーの融合 「HAKATA MEGUSTA」

福岡・立ち飲み文化の先駆者「MEGUSTA」がおむすび専門店「峠の玄氣屋」とコラボした新店。豚バラ串やゴマサバ、炙り明太子といった博多名物、燻製やタコ焼きなどのつまみを180~380円で20品以上そろえる。玄米・胚芽米で作るおむすびはテイクアウトもOK。

HAKATA MEGUSTA / 博多駅からすぐの立地で、出張中のビジネスパーソンや観光客など県外からの客も多い。一人飲みでもにぎやかに過ごせるのがうれしい

HAKATA MEGUSTA / 「牛すじの煮込み」(480円)はダシがしっかり効いた濃い味で、キレのある日本酒や冷えたビールと相性がよい

HAKATA MEGUSTA / 料理3品とドリンク1杯が付く「博多メグスタセット」(1000円)。「MEGUSTA」名物の塩サバスモーク、博多名物の炙り明太子とゴマサバが一皿になったお得なメニュー

HAKATA MEGUSTA / 人気の「手ほぐし塩鯖」(260円)、胚芽米の「わかめごはん」(230円)など、おむすびは約10種類

[HAKATA MEGUSTA(ハカタ メグスタ)]福岡県福岡市博多区博多駅中央街6-2 三信ビル1F / 050-5438-1089 / 15:00~24:00(LO)、金曜・土曜~翌2:00(LO1:00)、おむすび販売は7:00~15:00 / 不定休 

高級店さながらの空間に驚く、西中洲の新星「立呑 邑久十」

樹齢800年のケヤキの切り株で作ったテーブルや、英国の希少なスピーカーを配置。高級バー顔負けの雰囲気だが、ドリンクは1杯400円~、酢モツなどのアテは300円~の良心価格がうれしい。氷結レモン入りの「レモンサワー」(500円)は、300円で中身のお代わりOK。

立呑 邑久十 / 西中洲の奥地に誕生。「オクト」はラテン語で8の意味。2つ並ぶケヤキのテーブルが8に見えることから名付けられた

立呑 邑久十 / 盆栽や骨董品が店内を彩る。世界に4台しか現存しない英国BTH社製のスピーカーからこぼれる音色も心地よい

立呑 邑久十 / 獺祭(だっさい)の焼酎など、希少な酒もそろう

立呑 邑久十 / 「牛筋煮込み」(600円)。牛スジを丁寧に下処理し、トロトロに煮込んだ人気No.1の品。上品な醤油ベースで、日本酒にもよく合う(1合500円)

[立呑 邑久十(おくと)]福岡県福岡市中央区西中洲3-1 デルタウエスト西中洲1F / 092-781-5262 / 18:00~翌4:00 / 日曜・祝日休み

安い、旨い、オシャレなネオ焼鳥「岩瀬串店」

六本松にある人気焼鳥店「とり福」、鶏総菜の店「ポッポしゃん」の姉妹店。鶏団子、ねぎま、大手羽タレ漬けなど約8種類の串(1本100円~)、ポッポしゃん直伝のかしわ飯といった自慢の品がショーケースに並ぶ。「岩瀬のハイボール」(350円)など、ドリンクも驚きの低価格!

岩瀬串店 / 開店前から行列ができるほどの人気ぶりで、店内は平日でも大にぎわい

岩瀬串店 / まずは1000円分のコイン(10枚)を購入。注文ごとにメニューとコインを引き換えるシステム

岩瀬串店 / 鶏の多彩な部位を使って作る、名物の「鶏団子」(タレor塩1本150円)。大ぶりで肉々しい食感がポイント

[岩瀬串店]福岡県福岡市中央区大名1-4-22 ドリーム大名1F / 092-732-7676 / 18:00~翌1:00 / 水曜休み 

波佐見や九州の魅力に“出会える”酒場「Tsunnode」

「食と酒を軸に、国内外の客人が繋がれる場に」との思いで、柳橋連合市場内に誕生したホステル&酒場。オーナーは長崎県波佐見町出身で、器はすべて波佐見焼、日本酒は「住吉酒販」セレクトの九州の銘酒にこだわる。鮮魚や明太子など、市場で仕入れる逸品と味わいたい。

Tsunnode / 打ちっ放しの壁やユニークな形のカウンターがスタイリッシュ。バッグホルダーやイスもあり、女性に優しい

Tsunnode / コーヒースタンド感覚で立ち寄れる店内

Tsunnode / 「柳橋ミックスプレート」(右・600円)は4種の肴を盛る。長崎の名店のレシピで作る「Fの唐揚げ」(左・400円)は、昼夜共に人気No.1

[Tsunnode(ツンノーデ)]福岡県福岡市中央区春吉1-4-7 柳橋連合市場内 / 092-753-9585 / 11:00~15:00(LO14:30)、17:00~23:00(LO22:30) / 日曜休み(月曜が祝日の場合、月曜休み)

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る