画家たちが名画に込めた謎を解き明かす!那須とりっくあーとぴあで「名画に隠された秘密」開催中

2019年5月27日 15:42更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年6月21日(金)まで那須とりっくあーとぴあで「名画に隠された秘密」開催されている。「画家たちが名画に込めた謎」を解き明かすクイズが満載だ。

名作とトリックアートが融合している

名作とトリックアートが融合している
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

那須とりっくあーとぴあの施設内、イタリアルネサンスの3大巨匠(ミケランジェロ、ダヴィンチ、ラファエロ)の名作とトリックアートが融合しているミケランジェロ館。システィーナ礼拝堂では、手描きによる日本最大級の天井画と壁画を鑑賞することができる。同イベントでは、館内に展示されているフェルメール、レンブラント、レオナルド・ダ・ビィンチ、ラファエロなどに関するクイズを出題。クイズを通じて、著名な画家やその作品の魅力に触れることができる。なお、イベント参加には入館料のほかに参加料300円が必要。参加者には名画の秘密の解説書とクリアファイルが贈呈される。

【写真を見る】「画家たちが名画に込めた謎」を解き明かすクイズが満載

【写真を見る】「画家たちが名画に込めた謎」を解き明かすクイズが満載写真は主催者提供

トリックアートの魅力は、作品に触って、写真を撮って遊ぶだけにとどまらず、制作スタッフが手描きでひとつひとつ丁寧に仕上げた作品そのものをじっくり鑑賞でき、楽しみながら学べるという大きな要素がある。同イベントは、ミケランジェロ館でこそ体験出来る名画&トリックアートのコラボレーションを体感してもらいたいという想いで企画された。子供から大人まで楽しめる「名画に隠された秘密」。週末は、家族やカップルで那須とりっくあーとぴあに出かけてみよう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る