地元の人々が大切に育てた数百本の大賀ハス!有田市・箕川の大賀ハスが見頃

2019年5月27日 16:39更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年6月10日(月)~7月31日(水)の期間、有田市、箕川の大賀ハスが見頃を迎える。

有田市・箕川の大賀ハスが見頃

有田市・箕川の大賀ハスが見頃
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

川幅約5m、延長約100mの箕川の一面に咲き誇る大賀ハス。地元の人々が大切に育てた数百本の大賀ハスが、初夏の風景を彩り、週末はアマチュアカメラマン等で賑わいを見せる。日差しの強い午後はしぼんでしまうため、朝が見頃だ。

【写真を見る】美しい大輪の花を咲かせる箕川の大賀ハス

【写真を見る】美しい大輪の花を咲かせる箕川の大賀ハス写真は主催者提供

大賀ハスは、昭和26年、千葉市の東京大学農学部検見川厚生農場で、ハス博士といわれた大賀一郎博士が、縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒の開花に成功したものだ。古代から千葉、そして和歌山と、日本各地は元より今では世界各国へ根分けされているそう。期間中は、ハスの種の無料配布も行われる。美しい大輪の花を咲かせる箕川の大賀ハス。古代のロマンを感じながら鑑賞するもの粋な楽しみ方。家族で早起きして、有田市箕川の大賀ハスを見に行ってみよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る