TDS新エリア名称は「ファンタジースプリングス」!アナ雪などがテーマ

2019年5月21日 10:04更新

東京ウォーカー(全国版) 平井あゆみ

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

オリエンタルランドが計画を進めてきた「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」の起工式と、新テーマポートの名称発表セレモニーが5月21日(火)に行われ、会場にはミッキーマウスやミニーマウスが登場!新テーマポートの名称は「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定した。

TDS新エリア名称は「ファンタジースプリングス」に決定した

すべての画像を見る(19件)

開業以来、最大の面積を拡張し、ディズニーホテルを有する8番目のテーマポートを新たに開発する東京ディズニーシー。既存施設への追加投資としては過去最高となる2500億円を投じ、2022年度にオープン予定だ。

新テーマポート「ファンタジースプリングス」は、パーク内に位置するディズニーホテルの他、4つの新しいアトラクションと3つのレストラン、1つのショップで展開。ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を再現した3つのエリアで構成される。

【画像】TDS新テーマポート「ファンタジースプリングス」の全景(c)Disney

“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界”をテーマとし、幅広い世代に愛されている上述のディズニー映画の世界を再現。ゲストは、“魔法の水”が流れる滝や池に遭遇し、ディズニーの物語の世界へいざなわれていく。

ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEOのロバート・A・アイガー氏

この起工式とセレモニーでは、同社代表取締役会長(兼)CEOの加賀見俊夫氏、代表取締役社長(兼)COOの上西京一郎氏、ウォルト・ディズニー・カンパニー チェアマン&CEOのロバート・A・アイガー氏が出席し、 工事のスタートを祝して挨拶。アイガー氏は「歴史的なこの瞬間に立ち会うことができ、誇らしい気持ちでいっぱいです。東京ディズニーリゾート開業から36年も経っているとは信じられません。夢と感動があふれる新テーマポートが、このリゾートに一層の魔法をかけてくれることにワクワクしています。新たな魔法の世界の幕開けを今から楽しみにしています」と話し、喜びを表していた。

新テーマポートイメージ図(c)Disney

世界で唯一「海にまつわる物語や伝説」をテーマとする東京ディズニーシーの魅力と体験価値。新エリアにアトラクションやホテルが増え、ますます注目を集めていきそうだ。

この記事の画像一覧(全19枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る