4年目の開催決定!話題のクラフトイベント「丸の内ストリートマーケット」とは

2019年6月3日 8:30更新

東京ウォーカー(全国版) 篠田

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京・丸の内仲通りで6月15日(土)と16日(日)の2日間、クラフトイベント「丸の内ストリートマーケット by Creema」が開催される。

話題のクラフトイベントが今年も開催

すべての画像を見る(8件)

「丸の内ストリートマーケット」は、丸の内から有楽町を繋ぐ“丸の内仲通り”を舞台に、クリエイターたちが集合するクラフトマーケット。

2016年の初開催から今年で4年目を迎える同イベントは、緑あふれる街並みを感じながら、丁寧に作られた世界で一つの作品と、その作り手と直に交流を楽しめるイベントとして、全国各地のファンをはじめ、丸の内を訪れる国内外の観光客などから人気を集めている。

【写真を見る】ファッションアイテムからインテリア、こだわりのフードまで約70店舗が並ぶ

会場にはアクセサリーやバッグ・時計などのファッションアイテムから、インテリア・器など、クリエイターの小さなお店がずらりと連なるマーケットを中心に、自家製マヨネーズや自家焙煎コーヒーといったこだわりの手づくりフード、フラワーマーケットまで70店舗以上が並ぶ。

田巻由衣の作品はクリエイティビティと温もりあふれる

普段はなかなか会えないクリエイターとの交流をはじめ、毎回人気のワークショップ(有料)なども楽しめる。入場無料なので、気軽に立ち寄ってお気に入りの作品を見つけよう。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る