くっつくような粘度の高いスープがやみつきに!大阪茨木「らーめん ど真ん中」

2019年6月4日 11:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「らーめん ど真ん中」は、「吟醸らーめん久保田」などの名店で修業した店主が、ストレート細麺ととんこつスープで博多ラーメンの進化系を作り出す。注文を受けてから炙るチャーシューも好評だ。<※情報は関西ウォーカー(2019年4月23日発売号)より>

粘度の高いコッテリとんこつが博多進化系だと評判に!

豚骨らーめん(700円)/らーめん ど真ん中

豚骨らーめん(700円)/らーめん ど真ん中

すべての画像を見る(3件)

博多風麺を製麺所で特注。超こってりながらクリアなとんこつスープとの絡みも最高。

【写真を見る】薬味は紅生姜、高菜、柚子胡椒の3種をお客さんの要望に応えて用意/らーめん ど真ん中

【写真を見る】薬味は紅生姜、高菜、柚子胡椒の3種をお客さんの要望に応えて用意/らーめん ど真ん中

インパクトのある赤い看板が目をひく外観/らーめん ど真ん中

インパクトのある赤い看板が目をひく外観/らーめん ど真ん中

店内にはカウンター6席とテーブル8席を用意。

「とんこつスープは何度か寝かせつつ13時間ほど炊くことで、粘度と濃さがでます」と、店主の多田聡志さん。

■らーめん ど真ん中<住所:大阪府茨木市宇野辺2-13-11 電話:072-655-4451 時間:11:00~14:30(LO)、18:00~22:00(LO) 休み:木曜、第3水曜 席数:14席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:大阪モノレール宇野辺駅より徒歩13分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る