若狭地方最大の夏祭り「高浜七年祭」を紹介!福井県小浜市で「高浜七年祭」開催中

2019年6月6日 12:19更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福井県小浜市の福井県立若狭歴史博物館で7月7日(日)まで、エントランス展「高浜七年祭」が開催されている。

太刀振の見事な立ち回り(2013年撮影)
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

高浜七年祭は佐伎治神社(高浜町宮崎)の式年大祭で、巳年・亥年の6月卯の日から酉の日までの7日間にわたって行われる福井県無形民俗文化財に指定された祭り。今年は6月23日から29日まで行われ、三基の神輿が氏子区域を遊幸し、太刀振・お田植・などの芸能が各所で披露される、若狭地方最大の夏祭りだ。同館がこれまでに撮影した写真や映像などを用いて、様々な表情をもち多彩な見所のある高浜七年祭について紹介する。

【写真を見る】曳山での子供の踊り(2013年撮影)写真は主催者提供

担当者は「高浜七年祭は七年に一度だけ行われるお祭りで、京都の祇園祭と同じように、祟りをなす御霊や疫病を流行させる疫神を慰め、鎮める性格を持っています。当館ではお祭りの概要や過去の様子、芸能や儀式の内容を紹介しています」と高浜七年祭について詳しく話す。

同館の展示を見てから高浜七年祭に行くと、より深く祭りを楽しめる。ぜひ若狭歴史博物館に行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る