リーガロイヤルホテルグループ初の“宿泊主体型ホテル”が京都にオープン!

2019年6月4日 16:04更新

関西ウォーカー 村井 貴臣

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

関西を代表するホテルグループ「リーガロイヤルホテルグループ」は2020年7月に、京都で初めて宿泊主体型ホテル「リーガグラン京都」を展開する。

場所は京都市南区に建設中の複合ビル「(仮称)JAグループ京都新ビル」内。「趣 ~Omomuki~」 京都、リーガの宿 」をコンセプトにすえ、京都の街を五感で体感できる空間を演出する。

JR京都駅や地下鉄九条駅から徒歩圏内。アクセス抜群のリーガグラン京都

すべての画像を見る(8件)

京都らしさを感じる客室

【写真を見る】木の風合いと京のデザインが活きるプレミアムツインのイメージ写真/リーガグラン京都

洗練された京のデザインと色調が魅力のスーぺリアツインのイメージ写真/リーガグラン京都

注目は京都らしさを随所にちりばめたインテリアデザインを特徴とした客室。やわらかな光と色彩美に遊び心を加えた“趣”のある空間に仕上がっている。

さらに、デザインのみならず、設備面も充実。世界で高い評価を受けるシモンズと共同開発したベッドをはじめ、洗い場付セパレートタイプのバスルーム、独立型の洗面台とトイレ、43型以上のテレビ、無料Wi-Fiを全室に設置する。

京都産野菜を堪能できるダイニング&バー

コンテンポラリーなデザインの中に、心地よいムードと大人の雰囲気を感じさせるダイニングエリア/リーガグラン京都

広々としたスペースと重厚感のあるソファーで、リラックスできる空間に/リーガグラン京都

心地よいムードが漂うレストランでは、京都産野菜をはじめ多彩な地産食材を使用した食事を提供。バータイムも営業しているので、ホテル内で気軽に優雅な夜を過ごすことも可能に。

京の風合いを散りばめた空間づくり

竹林の小道の様子を再現した1階エントランス/リーガグラン京都

ホテルの顔となる、1階エントランスでは竹林の小道の様子を再現。連続した光のエスカレーターが3階ロビー・フロントへ導いてくれる。どこまでも統一感のある内装で、客室にいたるまでも京のおもてなしの心を忘れない。

京都駅から徒歩約4分の好アクセスで、京都観光の拠点にぴったりの「リーガグラン京都」。外出時も、ホテルで過ごす時間も、思う存分、京都を満喫するならチェックインはここで決まり。

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る