AKB“じゃんけん大会”1位の内田が「センターあきらめないで良かった」

2010年12月15日 14:11更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本のファストバッグブランド「SAVOY(サボイ)」が、初の旗艦店を東京・表参道にオープンするにあたり、12月15日(水)、プレオープンイベントを開催。それを記念し、タレントのほしのあきさんと、AKB48の内田眞由美さんが登場。2人は、同ブランドのバッグを合わせたラブリーなコーディネートを披露するとともに、内田さんは“AKB48で初のセンター”を務めた心境を明かした。

AKB48の19thシングル“選抜じゃんけん大会”で見事1位になった内田さんは、同日、“クリスマスデートで着たい服”として、ピンクのワンピースを着用して登場。「ピンクが好きなのでこの衣装を選びました。流行りのファーも付けています」と笑顔を見せるとともに、AKB48で初のセンターポジションを務めたことに関して「やっぱり緊張しますが、今まで諦めないで良かった!」と喜びを語った。

また、白の“もこもこワンピース”を着用し、「ピンクのリボンと、タイツに入ったラインがポイント」と、自身のクリスマスファッションを披露したほしのさんには、恋人として報道されるJRAの三浦皇成騎手に関する質問が集中。「クリスマスはどう過ごすの?」とマイクが向けられると、「(自分に)ちゃんとお仕事が入ってくれて良かった~と思って…」と話をはぐらかし、「年末のカウントダウンは一緒にしないの?」と聞かれると、「どうでしょう? そればっかりは…」と言葉を濁していた。

ちなみに、同イベントでは、内田さんの大人っぽさに驚いていたほしのさん。「私は内田さんの倍プラス1歳の33歳です。(年齢的に)お母さんでもおかしくないくらい。内田さんの16歳とは思えない受け答えにビックリしました!」と目を丸くしたことに対し、内田さんは「(ほしのさんは)若くてキレイで感動しました」と恐縮しきりだった。

なお、「SAVOY 表参道本店」は、12月16日(木)にオープン。最後にほしのさんは、「サボイのバッグはラブリーなものから大人っぽいものまでそろっているので、ぜひいろいろなバージョンを手に入れてほしいです。この本店にも遊びに来てください」とPRしてイベントを締めくくった。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る