9月オープン!注目の最新商業施設「COREDO室町テラス」の見どころをチェック!

2019年6月14日 20:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年9月27日(金)、日本橋室町三丁目地区に最新商業施設のCOREDO室町テラスがオープン。それに先立ち、テナント先行体験会が開催されたので、見どころをいち早くチェックしてきた!

こだわりベーカリーが食べられる!ベーカリー レストランバー「Hakone Bakery Dining & Bar」


現在、三井不動産が再開発を進め、大規模複合ビル、日本橋室町三井タワーを建設する日本橋室町三丁目地区。同ビルには、COREDO室町テラスのほか、最先端のオフィス空間、さまざまな用途に利用できるホール&カンファレンス、緑あふれる開放的な広場を展開する。

COREDO室町テラスのコンセプトは、「『価値ある時間』を、過ごす場所。」。日本や関東初出店、新業態を含む31店舗が出店し、“アジアで最も優れた書店”に選ばれた台湾の「誠品生活」も登場する。地上2階(約2870平方メートル)ワンフロアに入る日本第1号店舗となる誠品生活日本橋には、書籍だけでなく文具や雑貨も並び、レストランのゾーンも用意される予定だ。

【写真を見る】日本第一号の「誠品生活日本橋」は地上2階(約2870平方メートル)ワンフロアに入る


注目は、商業施設初の新業態店「ににぎ」(創作寿司・米粉天ぷら)。同店は、恵比寿の「あげまき」「イワカムツカリ」を手掛けるイマジニアの内山昭氏による“寿司居酒屋”。「寿司」「米粉の天ぷら」をはじめとした、米由来の“100%グルテンフリーメニュー”を展開する。

同店広報担当者は、「海苔ではなく、炙ったお肉で巻いたお寿司や、変わり種のお寿司もありますし、香り高く、飲みやすい、粕取り焼酎のソーダ割りといったお酒も提案しています。同店は無化調(うまみ調味料を使用しない)なので、食の安全を気にする方にもおすすめ。『高級ではなく高品質』なものを発信していきます」とアピールする。

商業施設初の新業態店「ににぎ」(創作寿司・米粉天ぷら)には炙った肉で巻いた寿司も


また、箱根湯本ホテルが展開する、クロワッサンが人気のベーカリーが、新しい業態の飲食店としてオープンするベーカリー レストランバー「Hakone Bakery Dining & Bar」も是非、訪れたい場所だ。温泉の名所・箱根で培った技術と厳選した素材で、 一つひとつ丁寧に手作りで製造したベーカリーは絶品!

さらに同店は、アルコールドリンクや、カジュアルな肉料理などのフードメニューにも力を入れており、昼はランチブッフェやテイクアウトブッフェ、夜はバーとして利用できるのもうれしい。

そのほか、土産やプレゼントを探すなら、雑貨と食のセレクトショップ「日本百貨店」のにほんばし總本店も訪れるべし。こちらは「ニッポンのモノヅクリとスグレモノ」をテーマに、“作り手と使い手の出会いの場”を作るショップだ。

創業10年を機に旗艦店としてオープンし、雑貨の実演販売やワークショップも実施する。さらに、高座や文化交流など、さまざまなイベントも開催予定だ。同店広報担当者は「女性作家によるステンドグラスを使った美しいアイテムや、500円台で買えるようなブリキの玩具などを用意しています。ここは、日本の“モノヅクリ”を応援するお店なんです。職人さんと相談しながら、“ここでしか出会えないもの”を制作中です」とコメント。愛らしい和雑貨や日本文化をシェアして、インバウンド需要も見込む。

「日本百貨店 にほんばし總本店」にはかわいい雑貨がそろう


そして、2階「誠品生活日本橋」のレストラン・食物販ゾーンには、自家製タピオカドリンクを用意する本格派ティースタンド「THE ALLEY」や、オリジナルドリンクも楽しめる台湾茶ティーサロン「王徳傳(ワンダーチュアン)」、漢方ライフスタイルブランド「DAYLILY」などが登場!「DAYLILY」では、薬膳茶や漢方のシロップ、ナツメなどのドライフルーツ、真珠の粉のサプリなどを手に入れることができる。

Raira

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る