色とりどりの「しろくま」を堪能!鹿児島のおでかけスポット7選

2019年7月6日 9:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

おでかけ気分の上がる夏がやってくる!鹿児島グルメとして人気の“しろくま”は、暑い夏を一気にクールダウンできる冷たいスイーツ。定番の白いミルク味だけでなく、緑、黄、赤、黒と味も色もバラエティ豊かだ。今年の夏はどれを食べる?

定番の“白熊”もいいけど抹茶味もこれまた絶品!「天文館むじゃき 本店」

天文館むじゃき 本店 / 「抹茶白熊」(850円)。自家製ミルクと宇治の抹茶をブレンドした蜜をかける

天文館むじゃき 本店 / 「抹茶白熊」(850円)。自家製ミルクと宇治の抹茶をブレンドした蜜をかける

鹿児島の「しろくま」の元祖店「天文館むじゃき 本店」。自家製ミルクをたっぷりとかけた定番の「白熊」以外にも、抹茶(850円)、チョコやストロベリーなど11種類の味がそろう。持ち歩きできるハンディ白熊(450円)も人気が高い。

天文館むじゃき 本店 / 「白熊」(740円)。王道の“白熊”

天文館むじゃき 本店 / 「白熊」(740円)。王道の“白熊”

[天文館むじゃき 本店]鹿児島市千日町5‐8 / 099-222-6904 / 11:00~21:30(LO) / 不定休

マンゴー好きなら必食!マンゴーたっぷりな“黄熊”「カフェ彼女の家 天文館店」

【写真を見る】カフェ彼女の家 天文館店/ 「黄熊」(780円)。マンゴーが山盛りに。中には、バナナのカットも入る

【写真を見る】カフェ彼女の家 天文館店/ 「黄熊」(780円)。マンゴーが山盛りに。中には、バナナのカットも入る

ふわふわのかき氷にマンゴーソースをかけ、マンゴーの果肉をたっぷりのせた「黄熊」が名物の「カフェ彼女の家 天文館店」。レギュラーサイズ(780円)、2、3人でシェアできる量のメガ黄熊(1000円)やミルク味の「白くま」(850円)もある。

[カフェ彼女の家 天文館店]鹿児島市東千石町8-18 ストーンビルB1 / 099-223-2888 / 11:00~21:00(LO)、土曜 ~22:30(LO)、日曜 ~19:30(LO) / 無休

ドラゴンフルーツで作るキュートな印象の“赤熊”「奄美の里 IL MOLE」

奄美の里 IL MOLE / 「赤熊」(980円)。ハート型のドラゴンフルーツグミを頭にのせて仕上げる

奄美の里 IL MOLE / 「赤熊」(980円)。ハート型のドラゴンフルーツグミを頭にのせて仕上げる

すべての画像を見る(14件)

珍しい「赤熊」(980円)が味わえる「奄美の里 IL MOLE(イル モーレ)」。南国の光を浴びて育ったドラゴンフルーツのピューレがかかっており、これ目当ての来店者も多い。販売は、7月1日(月)~10月31日(木)の限定で、注文受付時間は13:00~20:00だ。

[奄美の里 IL MOLE(イル モーレ)]鹿児島市南栄1‐8‐1 2F / 099-260-4300 / 11:30~21:00(LO) / 無休

クマの顔を楽しくアレンジ!黒蜜の甘味がする“黒熊”「菓々子横丁 茶房 珈花子」

菓々子横丁 茶房 珈花子 / 「黒くま」(550円)。セットになっているあんこをのせて食べることも可能

菓々子横丁 茶房 珈花子 / 「黒くま」(550円)。セットになっているあんこをのせて食べることも可能

ロフト風の造りの和カフェで、かき氷に黒蜜、キャラメルソース、練乳をかけた「黒くま」(550円)を食べられる。水まんじゅうや白玉がセットで、トッピング次第でクマの表情をアレンジできるのもユニーク。

[菓々子横丁 茶房 珈花子(かかしよこちょう さぼう かかし)]鹿児島市東千石町13‐14 2F / 099-222-0648 / 10:00~19:00(LO) / 無休

ビーフ100%のバーガーにガッツリかぶりつこう!「OOSE CAFE」

「OOSE CAFE / ラージ300g(1500円)。揚げ野菜とスープ付き。バンズは全粒粉使用の手作りで、竹炭入りもある

「OOSE CAFE / ラージ300g(1500円)。揚げ野菜とスープ付き。バンズは全粒粉使用の手作りで、竹炭入りもある

肉々しい大きなハンバーガーが名物の「OOSE CAFE(オーセ カフェ)」。ステーキのようなビーフ100%パテは150・300・450gの3種類から選べ、おもにペッパーで味付けする。フライドチキンを合わせたコンボ(1450円)などもオーダーが多い。

「OOSE CAFE / 店内の様子

「OOSE CAFE / 店内の様子

[OOSE CAFE(オーセ カフェ)]鹿児島市宇宿1-37-38 / 099-206-2002 / 11:30~19:00、金・土曜~23:00 / 水曜休み

エアロプレスで淹れる一杯!コーヒー好きを魅了する「BLUE BEANS ROASTERY」

BLUE BEANS ROASTERY / 「エアロプレスのアイスコーヒー」(450円)。浅めの焙煎で果実味や酸味を感じられる

BLUE BEANS ROASTERY / 「エアロプレスのアイスコーヒー」(450円)。浅めの焙煎で果実味や酸味を感じられる

2019年1月にオープンした「BLUE BEANS ROASTERY(ブルー ビーンズ ロースタリー)」。オーナー自らが内装工事をしたことで話題を呼ぶ。アイスコーヒー(450円)などエアロプレスで淹れる看板のコーヒーを筆頭に、カフェラテやケーキなども販売。また自家焙煎のコーヒー豆も購入できる。

BLUE BEANS ROASTERY / 「エスプレッソシェイク」(450円)。エスプレッソにミルクとバニラアイスを加える

BLUE BEANS ROASTERY / 「エスプレッソシェイク」(450円)。エスプレッソにミルクとバニラアイスを加える

BLUE BEANS ROASTERY / 店内の様子

BLUE BEANS ROASTERY / 店内の様子

BLUE BEANS ROASTERY / 外観の様子

BLUE BEANS ROASTERY / 外観の様子

[BLUE BEANS ROASTERY(ブルー ビーンズ ロースタリー)]鹿児島市上竜尾町4-21 エクステンド上竜尾1F / 099-294-9030 / 10:00~18:00 / 不定休

海の生き物が大集合!夏だけの特別イベントにも注目「いおワールド かごしま水族館」

いおワールド かごしま水族館 / ジンベエザメがゆったり泳ぐ“黒潮大水槽”

いおワールド かごしま水族館 / ジンベエザメがゆったり泳ぐ“黒潮大水槽”

鹿児島の海で見られる生き物を中心に、500種類3万点を展示する「いおワールド かごしま水族館」。注目は黒潮大水槽で見られるジンベエザメやカツオ。週末を中心に“夜の水族館”を開催しており、普段とは違う魚たちに会える。

いおワールド かごしま水族館 / “クラゲ回廊”でクラゲの動きに癒される

いおワールド かごしま水族館 / “クラゲ回廊”でクラゲの動きに癒される

いおワールド かごしま水族館 / “夜の水族館”で実施するトワイライトアクアリウム。夜の生態系が垣間見える

いおワールド かごしま水族館 / “夜の水族館”で実施するトワイライトアクアリウム。夜の生態系が垣間見える

[いおワールド かごしま水族館]鹿児島市本港新町3‐1 / 099-226-2233 / 9:30~18:00(最終入館17:00)、7/20(土)~9/1(日)の土・日曜・祝日、8/13(火)~16(金)は21:00(最終入館20:00) ※8/24(土)は特別営業 / 無休

この記事の画像一覧(全14枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る