ビーチ&グルメを満喫!福岡・糸島の夏ドライブスポット6選

2019年7月9日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

晴れた日は、海へまっしぐら!この季節の福岡県糸島は一層輝きを増す美しいビーチに、話題の神社、数々の新グルメなどを満喫できる。中でも今回は、深江~大入エリアで夏にぴったりな充実のドライブスポットにGO!

白い砂浜で“夏”を満喫!「深江海水浴場」

二丈エリアの中心部にある、白浜砂のビーチ。約700mにわたって遠浅の海岸が続き、波も穏やかだ。遊泳期間中は、5軒の海の家がオープン。休憩やシャワーの利用はもちろん、食事やバーベキューなども楽しむことができる。今夏の海の家は8月末まで営業。駐車場も無料で利用OK。

深江海水浴場の白砂のビーチ / 深江海水浴場

すべての画像を見る(7件)

[深江海水浴場]福岡県糸島市二丈深江 / 092-322-2098(糸島市観光協会) / 終日開放 / 駐車場 20台(無料)

糸島の海と夕日の絶景を眺望できる「鎮懐石八幡宮」

深江海岸の丘に立つ歴史ある神社。「古事記」「日本書紀」「万葉集」に記された鎮懐石(子産石)が本殿に、 子授けの陰陽石が社殿にあり、子宝神社として有名だ。展望所から望める美しい夕日をめあてに訪れる人も多い。

展望所から眺める夕日の絶景 / 鎮懐石八幡宮

[鎮懐石(ちんかいせき)八幡宮]福岡県糸島市二丈深江2143-1 / 092-325-0309 / 参拝自由 / 駐車場 10台(無料)

のどかな田園を眺めながら絶品フレンチを「Restaurant KUROKI」

桜坂時代、ミシュランにも掲載されたフレンチの名店が糸島に移転。さまざまな調理法、ソースを用いて、肉とたっぷりの糸島野菜の旨味を引き出す。コース(2800円)に付く15種類以上を盛り合わせた前菜は単品でも注文できる。

「野菜もりもりのワンプレート」(1800円・デザートとコーヒー付き) / Restaurant KUROKI

「デザートプレート」 (1000円・コーヒー付き) / Restaurant KUROKI

[Restaurant KUROKI]福岡県糸島市二丈石崎459-3 / 092-338-8202 / 12:00〜17:00、18:00〜 / 日曜休み / 15席 / 禁煙 / 駐車場 50台(無料)

築150年以上の古民家で糸島食材の魅力に触れる「伊都安蔵里」

食事処やセレクトショップも併設する「あぐりカフェ」のメニューがリニューアル。動物性の食品を使わず、糸島の自然の中で育てたこだわりの野菜を生かし、滋味深い料理に仕上げている。ハーブや花を使ったコーディアルドリンクも充実。

「グリル野菜のカレーランチ」(1500円) / 伊都安蔵里

[伊都安蔵里(いとあぐり)]福岡県糸島市川付882 / 092-322-2222 / 11:30〜17:00(LO16:00)、土日祝日11:00〜 / 不定休 / 50席 / 禁煙 / 駐車場 20台(無料)

地元民も御用達!お手ごろ食堂でパワーランチ「はれるや」

昼は地元の食材をふんだんに使った定食が、夜は手ごろな一品料理が楽しめる。人気は、熱々の鉄板で出す「手ごねハンバーグ定食」(1080円)。甘めのスープが特徴の「そうめんちり」(780円)など、糸島のソウルフードもオススメだ。

魚南蛮定食(890円)。天然鯛やヒラメなどの天ぷらをタルタルソースと共に / はれるや

[はれるや]福岡県糸島市志摩御床293 / 092-338-8189 / 11:30〜15:00、18:00〜21:30 / 火曜と月曜の夜休み / 28席 / 分煙(テラス可) / 駐車場 8台(無料)

糸島トリップの締めは地物たっぷりの定食「銀河食堂の夜」

古民家を使った音楽スタジオで週末の夜だけ営業する食堂。メニューは旬の食材を使った定食が基本で、リクエストに応えて調理方法をアレンジしてくれることも。調味料も極力手作りしており糸島の食材の魅力が存分に味わえる。

島の海の幸、山の幸をバランスよく取り入れた定食(1000円) / 銀河食堂の夜

[銀河食堂の夜]福岡県糸島市二丈武581 / 080-1734-1736 / 19:00〜23:00ごろ / 月曜から木曜休み / 20席 / 禁煙 / 駐車場 10台(無料)

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る