プラス300円あればさらに楽しい! 神奈川の格安スポット

2019年7月11日 11:00更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ジメジメした梅雨の季節は、ついつい遊びに出かける足も鈍りがち。そこで家族や友人同士、一人など雨の日でも存分に楽しめる無料&300円以下の屋内スポットを紹介!

戦国時代にタイムスリップして忍者気分を満喫!

最大5人まで参加できる「実戦ゾーン」では、敵に手裏剣を投げつけて戦う。スクリーン中に手裏剣が現れて攻撃できる

最大5人まで参加できる「実戦ゾーン」では、敵に手裏剣を投げつけて戦う。スクリーン中に手裏剣が現れて攻撃できる

2019年4月にオープンした新スポット「小田原 NINJA館」。侵入術や水術などを体験する「忍術体験ゾーン」をはじめ、無数の仕掛けが隠された「からくり屋敷」などで忍者の気分をたっぷり味わえる。手裏剣を投げて敵と戦う体感型の実戦ゾーンも夢中になること間違いなし。

壁を乗り越えて屋敷に忍び込む「侵入術」の体験

壁を乗り越えて屋敷に忍び込む「侵入術」の体験

■小田原城 NINJA館(小田原城歴史見聞館)  住所:神奈川県小田原市城内3-71 電話:0465-22-3818 時間:9:00~17:00(最終入館16:30) 休み:なし 料金:大人300円、小・中学生100円 駐車場:なし アクセス:JR線ほか小田原駅東口より徒歩10分

シュミレーターで運転体験、気分は運転士!

数多くの路面電車の車両や鉄道模型などが展示されている

数多くの路面電車の車両や鉄道模型などが展示されている

横浜市内を約70年走り続けた路面電車の車両や鉄道模型などを展示する「横浜市電保存館」。鉄道模型を動かせるジオラマや運転体験ができるシミュレーターも大人気。2018年にリニューアルで新登場した「横浜市電シミュレーター」のリアルな映像が子供だけでなく、大人にも好評だ。

2018年にリニューアルで新登場した「横浜市電シミュレータ」

2018年にリニューアルで新登場した「横浜市電シミュレータ」

■横浜市電保存館 住所:神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53 電話:045-754-8505 時間9:30~17:00(最終入館16:30) 休み:月曜(祝日の場合翌日) 料金:大人300円、3歳~中学生100円 駐車場:16台 アクセス:JR線根岸駅より市営バス21・78・133系統約7分、市電保存館前からすぐ

本格派プールでスイミング

9.5haの敷地を誇る「清水ケ丘公園 屋内プール」。25メートルプールをはじめ水深0.8~0.9mの児童プール、水深0.36mの幼児プールを備える充実度を誇る。

■清水ヶ丘公園 屋内プール 住所:神奈川県横浜市南区清水ヶ丘102 電話:045-248-2131 時間:10:00~19:00(入場~18:00)、7・8月9:00~20:00(入場~19:00) 休み:第1月曜(祝日の場合翌日) 料金:大人300円、小学生以下100円(各1時間券) 駐車場:125台(300円/120分、以降50円/20分) アクセス:京急線南太田駅、井土ヶ谷駅より徒歩15分

【取材・文=エディターズ・キャンプ/撮影=遠藤 潤】

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る