日本初のヘアメイクアップアーティストによる展覧会!埼玉県立近代美術館で開催

2019年7月5日 22:32更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7月6日(土)~9月1日(日)の期間、埼玉県立近代美術館で資生堂トップヘアメイクアップアーティスト、計良宏文の展覧会「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」が開催される。

Which is your Giulietta? Alfa Romeo/I am GIULIETTA. The Drive Art Exhibition 2012 Photo Joichi Teshigahara. Stylist Yuki Mayama


同展は、ヘアメイクアップアーティスト・計良宏文(けら・ひろふみ)の仕事を通して、ヘアメイクの現在と可能性を新たな視点からとらえるものだ。ヘアメイクの既成概念を超え、さまざまな領域のアーティストと共同制作した作品が埼玉県立近代美術館に認められ、公立美術館において日本初のヘアメイクアップアーティストによる展覧会となり、様々な分野のクリエーターから注目されている。展示では、これまでの宣伝広告から、ヘアメイクの枠を超える多様なコラボレーションまで、計良のクリエーションの全貌を紹介する他、ファッションデザイナー坂部三樹郎との協働による大規模な新作映像インスタレーションも発表する。

【写真を見る】MIKIO SAKABE 2018年春夏コレクション写真は主催者提供


また、7月15日(月・祝)、8月6日(火)は、展示室内に設置したステージで計良宏文がヘアメイクの実演を行う、ヘアメイクライブを実施。さらに、7月12日(金)、8月18日(日)は無料のトークライブ、8月3日(土)には、計良宏文と担当学芸員によるギャラリートークが開催される。(企画展観覧料が必要)

日本を代表するヘアメイクアップアーティストの作品を間近に鑑賞できる貴重な機会。ぜひ、休日は、埼玉県立近代美術館を訪れてみよう。

ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る