ビル内に屋台を再現!博多の屋台の味&雰囲気を北新地で楽しめる「長浜やっさん」

2019年7月10日 12:05更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

博多で地元客や観光客に愛されていた名物屋台「長浜安さん」。なんと、実際に使っていた屋台や椅子をそのままビルの中に持ち込むという奇抜なスタイルで、2013年に大阪に移転。本場の味はもちろんのこと、屋台の雰囲気まで楽しめるとあって話題になった。ふらっと一人で立ち寄ってサク飲みもよし、隣になった客同士で盛り上がるもよし。北新地のど真ん中で、博多らしい屋台気分をおもいっきり満喫しよう!<※情報は関西ウォーカー(2019年5月21日発売号)より>

シンプルだけどコクがある!これぞ本場・博多長浜の味

ラーメンは6時間煮込んだとんこつスープが自慢で、とんこつ独特のくさみが抑えられたコクのあるあっさり味。麺はバリカタ、カタ、普通、ヤワから選ぶことができる。

ラーメン(750円)。ハーフラーメン(550円)もあり/長浜やっさん

すべての画像を見る(4件)

めんたいイワシ(500円、手前)、豚バラ1本(300円、奥右)、鳥かわ(300円、奥左)など/長浜やっさん

ほかにも、おでんやギョウザ、串焼きなど、30種以上と豊富にそろう酒に合うアテも絶品だ。

【写真を見る】屋台や椅子ごとビルに引越し。柱や屋根には、訪れた客のメッセージや有名人のサインが今も残る/長浜やっさん

店内には、40年近く屋台を続けてきた店主・やっさんとの会話が弾むカウンター席のほか、グループで利用しやすいテーブル席もあり。卓上に並ぶ紅生姜や調味料は博多の屋台時代のままだ。

入口につるされた赤提灯を目印に訪れよう。中に入るといっきに屋台気分に/長浜やっさん

「屋台ならではの気軽な空気が漂う、隠れ家みたいな店です。アテもたくさんあるので、お酒と一緒にゆっくり楽しんで」と、店主のやっさん。

■長浜やっさん<住所:大阪市北区曽根崎新地1-5-4 岩伸スプレッド・ビル3F 電話:06-6347-5039 時間:18:00〜翌3:00(最終入店) 休み:日曜 席数:25席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:JR北新地駅より徒歩3分>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

特集

ページ上部へ戻る