この夏ハズせない!九州の“そうめん流し”人気スポット3選

2019年8月12日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

冷た~い名水を引いた“そうめん流し”は、おいしいだけじゃなく、家族や友達と盛り上がること必至!この夏の思い出作りにいかが?

滝のそばでひんやり感倍増!絶好のロケーションで、つるっ!「音の滝」

調音の滝 /メニューはそうめん(500円)とおにぎり(200円)のみで9月30日(月)まで。巨瀬(こせ)川から水を引く敷地内の無料の流水プールは8月25日(日)まで

調音の滝 /メニューはそうめん(500円)とおにぎり(200円)のみで9月30日(月)まで。巨瀬(こせ)川から水を引く敷地内の無料の流水プールは8月25日(日)まで

九州3大麺どころといわれるうきは産のそうめんを使用。冷たい沢の水できゅっと締まり、喉越しも抜群だ。メニューは「そうめん」(500円)と「おにぎり」(200円)のみで、9月30日(月)まで。滝の水音も涼しさを誘う。

[調音の滝]福岡県うきは市浮羽町妹川3184 / 0943-75-4983(うきは市住環境建設課) / 土曜・日曜・祝日は0943-76-3980(土蔵) / 10:00〜17:00 / 無休

キーンと冷たい天然炭酸水でシュワシュワそうめん「黒嶽荘」

【写真を見る】黒嶽荘 / ボウルの下から炭酸水が湧き出て、1人分ずつそうめんを冷やす仕組み。そうめん(450円)のほかヤマメや地鶏なども。通年営業

【写真を見る】黒嶽荘 / ボウルの下から炭酸水が湧き出て、1人分ずつそうめんを冷やす仕組み。そうめん(450円)のほかヤマメや地鶏なども。通年営業

「そうめん」(450円)を冷やす水は炭酸水の冷鉱泉で、水温は約7℃と冷たい。専用に開発した柚子胡椒の薬味が炭酸の爽やかな風味とよく合い、箸が進む。

[黒嶽荘(くろたけそう)]大分県由布市庄内町阿蘇野2259 / 097-585-1161 / 8:00〜18:00 / 無休

名水の恵みでいただく!回転式そうめん流し発祥の店 「指宿市営唐船峡そうめん流し」

指宿市営唐船峡そうめん流し / A定食(1650円)。そうめんは小豆島産「島の光」、ツユは創業以来変わらない味。通年営業

指宿市営唐船峡そうめん流し / A定食(1650円)。そうめんは小豆島産「島の光」、ツユは創業以来変わらない味。通年営業

すべての画像を見る(3件)

「平成の名水百選」の湧水で冷やしたそうめんが食べられる「指宿市営唐船峡(とうせんきょう)そうめん流し」。そうめん、マス塩焼きなどのセットが基本で、年間約20万人が訪れる老舗。「A定食」(1650円)はそうめんは小豆島産「島の光」、ツユは創業以来変わらない味。

[指宿市営唐船峡(とうせんきょう)そうめん流し]鹿児島県指宿市開聞十町5967 / 0993-32-2143 / 10:00〜19:30 / 無休

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る