福岡市内から佐賀・三瀬までドライブ!マイナスイオンに癒される滝・渓谷スポット

2019年8月13日 9:30更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

暑い日には、水遊びが楽しめる心地よいスポットへ!夏に食べたい注目のグルメも堪能しながら、滝や渓谷で癒されよう。今回は、福岡の早良区から佐賀の三瀬を巡るコースを紹介。

沢のお手軽ハイキングに最適な天然の遊び場!「野河内渓谷」

野河内渓谷 / 入口から歩いて10分ほどのところにある、最初の渓谷の見どころ「むくろうじ渕」

野河内渓谷 / 入口から歩いて10分ほどのところにある、最初の渓谷の見どころ「むくろうじ渕」

すべての画像を見る(6件)

曲渕ダムに流れ込む八丁川の上流に位置する「野河内渓谷」。遊歩道が整備され、巨岩や奇石、岩の間を流れる大小の滝が見られる。

【写真を見る】野河内渓谷 /「むくろうじ渕」の手前には浅瀬の水遊びスポットもあり

【写真を見る】野河内渓谷 /「むくろうじ渕」の手前には浅瀬の水遊びスポットもあり

夏には、流れの穏やかなひらけた沢で水遊びをエンジョイしよう。

[野河内(のごうち)渓谷]福岡県福岡市早良区飯場 / 092-833-4306(早良区企画課) / 終日開放

豆乳ドーナツのサンドと台湾かき氷が新登場!「鳥飼カフェ」

鳥飼カフェ / 台湾風かき氷(680円~)は写真のマンゴーのほか、八女抹茶、コーヒー、黒蜜きな粉、チョコレートと種類豊富

鳥飼カフェ / 台湾風かき氷(680円~)は写真のマンゴーのほか、八女抹茶、コーヒー、黒蜜きな粉、チョコレートと種類豊富

豆乳を使用したソフトクリームやガトーショコラで人気の「鳥飼カフェ」。この夏食べたいのが、台湾風かき氷(680円~)。マンゴーの他、八女抹茶、コーヒー、黒蜜きな粉、チョコレートと種類豊富でおすすめだ。

鳥飼カフェ / オープンサンドプレート(580円)。写真のパストラミチーズのほか、ハムエッグ、マスタードチキンがある

鳥飼カフェ / オープンサンドプレート(580円)。写真のパストラミチーズのほか、ハムエッグ、マスタードチキンがある

ランチには定番の欧風カレーのほか、今年から豆乳とおからを使った3種のサンドと担々麺も加わり、食事休憩にも最適。

[鳥飼カフェ]福岡県福岡市早良区石釜1185-1 / 092-803-1044 / 10:00〜17:00、土曜・日曜・祝日9:30〜 / 水曜休み

冷たいフルーツたっぷり!三瀬らしいグルメは必食「やまぼうし」

やまぼうし / 自家製アイスやジャムなどがのる完熟ブルーベリーパフェ(980円)

やまぼうし / 自家製アイスやジャムなどがのる完熟ブルーベリーパフェ(980円)

ブルーベリー生産が盛んな三瀬で、自社農園も所有するカフェ「やまぼうし」。

やまぼうし / シシリアンライス(850円)は、野菜が140g入り、ヘルシーで食べ応え十分

やまぼうし / シシリアンライス(850円)は、野菜が140g入り、ヘルシーで食べ応え十分

シシリアンライス(850円)は、照り焼きのみつせ鶏や、ブルーベリーの果肉とソースも添え、素材のよさが絶妙にマッチする逸品だ。

[やまぼうし]佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2768-1 / 0952-56-2339 / 11:00〜16:00、土曜・日曜・祝日は〜18:00/ 月曜休み(祝日の場合翌日)

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る