人気ビスケット菓子に戦国武将22人の“家紋”入り新シリーズ

2011年1月21日 13:25更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

寛永通宝や天保通宝といった“古銭”をかたどったビスケット菓子として、1955年の発売以来、ロングセラー商品となっている日清シスコの「エースコイン」に新しいシリーズが仲間入り! 「エース家紋 ~戦国時代編~」(オープン価格/150g)が、1月24日(月)に発売される。

同商品は、織田信長、真田幸村といった人気武将の“家紋”をモチーフにしたビスケット。“葵のご紋”でおなじみの「丸に三つ葉葵(徳川家康)」や、“万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる”という意味の「大一大万大吉(石田三成)」など、全部で22種類の家紋がラインアップされている。

また、今回は味でも「和」を感じてもらおうと、「エースコイン」に採用している昔ながらのミルク味ではなく、“おしるこ味”を採用。どこか懐かしい小豆のほんのりした甘さが楽しめる。

袋から取り出すまでどんな家紋が入っているのかわからない遊び心いっぱいの同商品。歴史好きな人はぜひチェックしてみて!【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る