イオンモール伊丹で高校生ものづくりコンテスト開催

2019年8月9日 20:10更新

関西ウォーカー 中村千里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

イオンモール伊丹(兵庫県伊丹市)では8月28日(水)・29日(木)の2日間にわたり、第19回高校生ものづくりコンテスト近畿ブロック大会を開催する。全国大会は11月16日(土)・17日(日)。今回の開催は木材加工部門で、高校生たちが配布された材料から原寸図を作成し、完成までの製作技術を競う。日ごろ高校生たちが作成している制作物の展示も同時開催する。

高校生ものづくりコンテストの様子

高校生ものづくりコンテストの様子

すべての画像を見る(2件)

高校生の“ものづくり”への想いを応援

高校生ものづくりコンテストは、高校生による工業技術・技能を競うコンテスト。ものづくりの学習効果の発表の場として、全国工業高等学校長協会が主催している。旋盤作業や電気工事などの部門に分かれており、今回の開催は木材加工部門。配布された材料で、仕様および課題図に従って原寸図から作成し、時間内に木造り・仕上げ、墨付け、加工、組立てまでを行う。

課題図に従って製作工程の一連の技術を競う

課題図に従って製作工程の一連の技術を競う

イオンモールでは、ものづくりコンテスト開催に合わせ、ものづくりを支える技術を体験するワークショップや、日ごろ高校生が作成している制作物の展示会も同時開催。イオンモールで日本のものづくりに触れ、次世代の人材を応援しよう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る