青森県立三沢航空科学館で世界遺産が見られる!? 特別企画展開催中

2019年8月17日 22:17更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

青森県三沢市の県立三沢航空科学館で9月23日(月)まで、特別企画展「PIECE OF PEACE レゴブロックで作った世界遺産展 PART-3」が開催されている。

精巧な作品に子どもたちは思わず歓声を上げる

精巧な作品に子どもたちは思わず歓声を上げる
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

本イベントでは、世界中の国々から多様な世界遺産をピックアップし、レゴブロックで再現したものの中から約40点が展示されている。あわせて、北海道にある北東北縄文遺跡の世界遺産登録に向けて、エントランスホールに遺跡紹介のパネルが展示される。

【写真を見る】本物かと錯覚するような厳島神社

【写真を見る】本物かと錯覚するような厳島神社写真は主催者提供

担当者は「この展覧会は全国各地で巡回展として行われ、これまでにおよそ300万人を集めた人気の展覧会です。青森県では初めての開催となり、レゴブロックで再現された代表的な世界遺産が展示されます。エジプトのピラミッドやイタリアのピサの斜塔、日本からは広島の厳島神社や富士山など、全部で40点を超える世界遺産を一度にご覧いただけます」とイベントの魅力を教えてくれた。

レゴブロックで作られた精巧な世界遺産は必見。まだ訪れたことのない人は、この機会に青森県立三沢航空科学館に行こう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る