沖縄の夜をたっぷり楽しむ!沖縄県読谷村で「琉球夜祭2019」開催中

2019年8月18日 14:47更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

沖縄県読谷村の体験王国 むら咲むらで、9月22日(日)まで「琉球夜祭2019」が開催中。

光と反射で作る幻想的空間で楽しむ沖縄の夜は神秘的だ

光と反射で作る幻想的空間で楽しむ沖縄の夜は神秘的だ
写真は主催者提供

すべての画像を見る(4件)

「琉球夜祭2019」は、沖縄独自のチャンプルー文化をより楽しめるよう催されているイベント。14世紀ごろの琉球王朝時代の街並みを再現した園内には、竹のアート、赤瓦に合わせた和風モダンでノスタルジックな空間、紅型模様で作る行灯籠、足元をほのかに照らすあかりの散歩道、光と反射で作る幻想的空間「ミラーボーラー」など、来場者を楽しませてくれるコンテンツがもりだくさんだ。

園内中央広場では、大きなガジュマルの下に屋台がオープン。オリオンビール、名物のやきとり、フランクフルト、読谷紅豚を使った限定ステーキプレートが楽しめる。さらに、ガジュマル周辺には読谷村を中心にした、飲食や雑貨、出店者が集まりミニ夜市も開かれる。

【写真を見る】浴衣をレンタルすれば、より夏らしい気分を味わえる

【写真を見る】浴衣をレンタルすれば、より夏らしい気分を味わえる写真は主催者提供

園内では無料で遊べる輪投げ、竹馬、竹ぽっくりなどがあるので、お父さんのかっこいい一面を見せるチャンス。また有料コーナーでは射的やスーパーボールすくい、千本釣りなども楽しめる。

沖縄の夏の定番のエイサーの演舞も毎日開催。体験王国 むら咲むらに出かけて「琉球夜祭2019」で沖縄の夜の楽しみを満喫しよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る