地元野菜や魚介を販売!「道の駅 みつ」の手みやげベスト3

2019年9月10日 8:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

地元御津町で育った新鮮野菜と、瀬戸内海で水揚げした魚介類が豊富にそろう道の駅。レストランでは目の前の海で捕れた魚介が味わえる「前獲れ料理」を提供。プライベートビーチを併設し、BBQや地引網体験も楽しめる。そんな「道の駅 みつ」の手みやげベスト3をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2019年18号)より>

第1位 かきづくし

かきづくし(1080円)/道の駅 みつ

かきづくし(1080円)/道の駅 みつ

すべての画像を見る(3件)

かきおかず味噌、かきしぐれ煮、かき浜焼き3種の味が楽しめる。ご飯のおともや酒のアテに。

「カキを3種類の味で楽しめるのは贅沢すぎる。重藤的にはカキのプリプリ感が楽しめるかき浜焼きがお気に入り」(編集部・重藤)

第2位 かきの室煮

【写真を見る】かきの室煮(160g・650円)/道の駅 みつ

【写真を見る】かきの室煮(160g・650円)/道の駅 みつ

室津港で水揚げしたカキを醤油などでじっくり煮込んだ佃煮。生姜の風味にご飯が進む。

「これはご飯に合う! 塩けが強すぎず、柔らかなカキの旨味が味わえます。分量が多いのもうれしい」(編集部・折笠)

第3位 さしみ醤油 瀬戸の紫

さしみ醤油 瀬戸の紫(150ml・500円)/道の駅 みつ

さしみ醤油 瀬戸の紫(150ml・500円)/道の駅 みつ

地場産品の龍野薄口醤油を使用し作ったオリジナル醤油。刺身はもちろん煮魚とも好相性。

「軽やかな口当たりなのにしっかり旨味があり、白身魚や冷奴などに合わせてあっさりいただきたい」(編集部・三浦)

■道の駅 みつ<住所:兵庫県たつの市御津町室津896-23 電話:079-322-8500 時間:9:00~19:00、レストラン9:00~18:00(LO) 休み:水曜 席数:レストラン90席、BBQ116席 タバコ:禁煙 駐車場:約100台(無料) アクセス:山陽自動車道龍野西ICより車で20分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る