秘境の滝とともに訪れたい!奈良・十津川村の周辺グルメ

2019年9月8日 17:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

奈良県の約5分の1を占める十津川村は、日本一広い村として知られる。その96%を森林が占める村内は、秘境ムードが漂い、避暑に最適。そんな十津川村の山奥を流れる笹の滝は、村随一の涼スポットとして人気だ。深緑の森に囲まれ、天然のミストが降り注ぐ滝は、暑い夏でも涼を体感できる。そんな十津川村で訪れたい周辺グルメをご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2019年16号)より>

滝を背景になめらかな岩場の流れで水に親しめる/笹の滝

滝を背景になめらかな岩場の流れで水に親しめる/笹の滝

すべての画像を見る(6件)

つり橋茶屋

谷瀬の吊り橋の谷瀬側たもとにある茶屋。つり橋を望む店内で、村の特産品などを販売。人気は柚子シャーベットで、村の柚子の果肉と砂糖のみで作った手作りの、さっぱりした味。

柚子シャーベット(200円、手前)。自家製の柚子シロップがたっぷりのかき氷(300円、奥)も/つり橋茶屋

柚子シャーベット(200円、手前)。自家製の柚子シロップがたっぷりのかき氷(300円、奥)も/つり橋茶屋

【写真を見る】めはり寿司1個(150円、手前 ※3個350円の場合も)や串こんにゃく1本(150円、奥左)、きのこみそ汁(100円、奥右)など村の名物グルメも味わえる/つり橋茶屋

【写真を見る】めはり寿司1個(150円、手前 ※3個350円の場合も)や串こんにゃく1本(150円、奥左)、きのこみそ汁(100円、奥右)など村の名物グルメも味わえる/つり橋茶屋

店内にはイートインスペースもあり/つり橋茶屋

店内にはイートインスペースもあり/つり橋茶屋

■つり橋茶屋<住所:吉野郡十津川村谷瀬261-1 電話:0746-68-0425 時間:9:00〜17:00 休み:月~金(祝と夏休みは営業) 席数:14席 タバコ:禁煙 駐車場:なし>

ドライブイン長谷川

二津野ダム湖のほとりにある食事処の名物は、山菜や自家栽培のシイタケがたっぷり入った釜飯。注文を受けてから一つ一つ炊き上げ、ふたを開けた瞬間の香ばしさがたまらない。

シイタケや山菜が香ばしい山菜釜めし定食(1296円)は、自家製の漬物と味噌汁付き。テイクアウトもOK/ドライブイン長谷川

シイタケや山菜が香ばしい山菜釜めし定食(1296円)は、自家製の漬物と味噌汁付き。テイクアウトもOK/ドライブイン長谷川

炊き上がるまで20分ほど。ダム湖の景色を望みながら待つ時間も楽しい/ドライブイン長谷川

炊き上がるまで20分ほど。ダム湖の景色を望みながら待つ時間も楽しい/ドライブイン長谷川

■ドライブイン長谷川<住所:吉野郡十津川村平谷643-7 電話:0746-64-0028 時間:11:30〜14:00(LO) 休み:不定休 席数:約100席 タバコ:禁煙 駐車場:20台(無料)>

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る