吉岡里帆が地元・京都で観客からのエールに感激! 映画『見えない目撃者』京都舞台挨拶

2019年9月23日 17:42更新

関西ウォーカー 桜井賢太郎

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

盲目の元警察官が女子高生連続殺人事件の謎を追う『見えない目撃者』。公開2日目の9月21日(土)にTジョイ京都で舞台挨拶が行われ、主演の吉岡里帆、森淳一監督が登壇。

『見えない目撃者』の京都舞台挨拶が行われた

『見えない目撃者』の京都舞台挨拶が行われた

すべての画像を見る(4件)

京都出身の吉岡は「地元ということもあって一番ホッとする」と話しており、観客からも「おかえり!」という声援もなされた。

主演の吉岡里帆

主演の吉岡里帆

盲目の元警察官であるなつめを演じるにあたって、吉岡は視覚障害の方へ丹念に取材を行ったと話し「心の葛藤があったりするなかこの作品に協力してもらい、ブレない芯の強さを感じました」と振り返る。

劇中、高杉真宙演じる春馬がなつめを尊重していることを話すシーンを挙げて「アクション、スリラーとして面白い作品ですけど、『人と人の関わりで人が強くなる』ところや『一見社会的弱者に見える人こそがしなやかな強さを持っている』というメッセージ性の強い作品なので特別な作品になりました」と言う。

メガホンをとった森淳一監督

メガホンをとった森淳一監督

森監督は、主役を演じた吉岡に対して「難しい役柄で内面はもちろんですけど、演技としなければならないことや、してはいけないことをクリアしていた」と頑張る姿に感謝していたという。

さらにスタッフへの気遣いも完璧で、吉岡のおかげで一致団結できたと話す。吉岡はキャスティング前から真剣に映画制作に携わっているスタッフのことに触れて「この企画は始動したのが4年前だと聞いて、その時の私は『これからどういう風にやっていこう』って悩んでる時期でした。そう考えると感慨深くて、役者というのは完成する間際にやっと参加できるのを実感します」とスタッフにリスペクトしているのだと言う。

地元京都の観客のエールに思わず笑顔

地元京都の観客のエールに思わず笑顔

観客からのフォトセッションの時間も設けられ、思いがけないエールに「優しい!」とファンイベントさながらの盛り上がりに吉岡も笑顔。森監督は「何度も一緒に映画のキャンペーンで舞台挨拶をしてますけど吉岡さんの嬉しさが一番伝わる会場だった」と京都の観客に感謝。

吉岡も感謝しつつ8年前、東映の撮影所でエキストラとして参加したことを振り返り「あの頃から映画が好きで、いつかこんな作品に出たいと夢があったなかで、主演で夢が叶って地元に帰ってきて、大好きな地元の方に観てもらえて感無量です」と幸せを噛みしめているのだと話し、観客から盛大な拍手が送られた。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る