もらってうれしい昔ながらの味!京の台所「錦市場」で見つけた老舗自慢の逸品手みやげ5選

2019年10月8日 17:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

400年以上の歴史を誇り、手みやげにも最適な京都グルメがそろう京の台所・錦市場。野菜や魚、漬物などさまざまな店が軒をつらね、歩くだけでもウキウキと楽しい気分に。昔ながらの対面販売の店が多く、お店の人におすすめの調理法や保存法などを気軽に質問できるのも魅力の一つ。試食ができる店もあるので、いろいろ試しながらお気に入りを見付けよう。アーケードなので、天気を気にせずゆっくり買物できる。<※情報は関西ウォーカー(2019年21号)より>

「枡俉 本店」柚子べったら

昭和5年創業の京漬物店「枡俉 本店」。創業以来の味を守る、名物の京風奈良漬をはじめ、サラダ感覚で味わえる季節野菜の漬物など30~50種がずらり。試食ができるのでぜひお試しを。

柚子べったら(1本648円)。甘さを抑えたあっさりした味わいの京風のべったら漬。柚子がさわやか/枡俉 本店

柚子べったら(1本648円)。甘さを抑えたあっさりした味わいの京風のべったら漬。柚子がさわやか/枡俉 本店

すべての画像を見る(10件)

【写真を見る】瓜 奈良漬1本(1080円)もオススメ。酒かすを6回漬け替えて熟成させたまろやかな味/枡俉 本店

【写真を見る】瓜 奈良漬1本(1080円)もオススメ。酒かすを6回漬け替えて熟成させたまろやかな味/枡俉 本店

「旬の野菜を漬け込んでいます。秋冬に人気の千枚漬、定番のすぐきなどは『京ブランド』食品への認定も」とスタッフの小川祐希さん。

■枡俉 本店<住所:京都市中京区東魚屋町181 電話:075-211-5346 休み:なし>

「錦 京野菜 川政」万願寺とうがらし

京野菜をはじめ、京都で採れた旬の野菜や果物が並ぶ、料亭御用達の名店「錦 京野菜 川政」。品ぞろえがよく目移りしそうだが、おいしい食べ方を丁寧に教えてもらえるので気軽に相談して。

肉厚でボリュームたっぷりの万願寺とうがらし(300円/100g・約4本)。甘く柔らかいので食べやすい。販売は10月下旬まで/錦 京野菜 川政

肉厚でボリュームたっぷりの万願寺とうがらし(300円/100g・約4本)。甘く柔らかいので食べやすい。販売は10月下旬まで/錦 京野菜 川政

丹波黒大豆から生まれた秋の枝豆、紫ずきん1袋(400円)もオススメ。販売は10月下旬まで/錦 京野菜 川政

丹波黒大豆から生まれた秋の枝豆、紫ずきん1袋(400円)もオススメ。販売は10月下旬まで/錦 京野菜 川政

「旬の京野菜をそろえてます。10月下旬まで大粒の丹波栗、10月下旬から12月上旬には甘味が強い大江の柿もおすすめ」と店主の野川邦夫さん。

■錦 京野菜 川政<住所:京都市中京区大文字町597-1 電話:075-221-3773 休み:水曜>

「田中鶏卵」京だし巻き(小)

「田中鶏卵は上質な昆布と削り節を贅沢に使った京だし巻きが名物。錦市場にある料理道具の名店「有次」に特注した銅鍋を使って、熟練の職人技でいっきに焼き上げ、ふんわりした口当たりに。

ダシが染み出るふわふわ感が自慢の京だし巻き(小・360円)。一日に何度も焼き、できたてを提供している/田中鶏卵

ダシが染み出るふわふわ感が自慢の京だし巻き(小・360円)。一日に何度も焼き、できたてを提供している/田中鶏卵

つけ焼きにした新鮮なハモを巻いて焼き上げた活はも巻き(1235円)もオススメ/田中鶏卵

つけ焼きにした新鮮なハモを巻いて焼き上げた活はも巻き(1235円)もオススメ/田中鶏卵

「旨味調味料を一切使わず、ダシと卵の旨味で勝負!ユネスコの無形文化遺産に登録された“和食”の味を!」と店主の田中久美子さん。

■田中鶏卵<住所:京都市中京区東魚屋町185 電話:075-221-2094 休み:なし>

「のとよ」お茶漬 鰻

明治45年から続く川魚専門店「のとよ」。ウナギを筆頭にコイやドジョウなど珍しい川魚がそろうものの、いずれも調理済みなので初めての魚にも挑戦しやすい。国産ウナギの蒲焼きも人気。

お茶漬 鰻(1900円/100g)は、焼きウナギを特製ダレで炊き込んだ逸品。山椒が効いて酒のアテに相性抜群/のとよ

お茶漬 鰻(1900円/100g)は、焼きウナギを特製ダレで炊き込んだ逸品。山椒が効いて酒のアテに相性抜群/のとよ

備長炭で香ばしく照り焼きにした、うなぎのキモ(1串9、10個・500円)もオススメ。ビタミンAが豊富/のとよ

備長炭で香ばしく照り焼きにした、うなぎのキモ(1串9、10個・500円)もオススメ。ビタミンAが豊富/のとよ

「創業時の味を受け継ぐ秘伝のタレを付けて、備長炭で焼きます。締めたてを調理したアユやイワナも絶品です」と店主の三田冨佐雄さん。

■のとよ<住所:京都市中京区錦小路通御幸町西入鍛治屋町216-2 電話:075-221-3774 休み:なし>

「畠中商店」鯖寿司

家庭的な雰囲気の鮮魚店「畠中商店」。全国からその時期に一番いい状態のサバを入荷して作る鯖寿司は「肉厚で生っぽい食感が最高」と大好評。数量限定なので早めに来店を。

鯖寿司(1本2060円)。店主の弟が営む「割烹 錦はたなか」特製。平日10本、土日祝20本限定/畠中商店

鯖寿司(1本2060円)。店主の弟が営む「割烹 錦はたなか」特製。平日10本、土日祝20本限定/畠中商店

サーモン(450円)など造りの種類も多い。箸と醤油付きなので店頭で味わう人の姿も/畠中商店

サーモン(450円)など造りの種類も多い。箸と醤油付きなので店頭で味わう人の姿も/畠中商店

「手ごろな価格の鯖寿司のほか、干物や日替りの焼き物も人気。甘さ控えめに仕上げたちりめん山椒もぜひ」と店主の母・畠中幸子さん。

■畠中商店<住所:京都市中京区錦小路通堺町東入ル中魚屋町489 電話:075-221-0843 休み:水曜>

■錦市場<住所:京都市中京区錦小路通 電話:075-211-3882(京都錦市場商店街振興組合)>

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る