新鮮なふぐをリーズナブルな価格で!大人気冬のビアガーデン「柳橋とらふぐ鍋ガーデン」を徹底解剖!!

2019年10月28日 18:00更新

東海ウォーカー 阿部純奈

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

柳橋市場にある「マルナカ食品センター」(名古屋市中村区)の屋上で、2019年10月25日(金)から2020年2月2日(日)まで「市場直結 柳橋とらふぐ鍋ガーデン」がオープンする。今年で5年目を迎える大人気ビアガーデンを、女子大生ライターが潜入取材!人気の理由を調べてみた。

店内には天井から提灯が吊るされており、まるで屋台のよう。昭和レトロな雰囲気が漂い、懐かしさと新しさが入り混じったような空間であった。冬のビアガーデンというと、雨や雪、寒さ対策はどうなっているのかと疑問に思っていたが、全面屋根付きで、防寒グッズも用意されていた。天候を心配する必要がないのはうれしい!

まるで祭りに来たかのような気分を味わえる

まるで祭りに来たかのような気分を味わえる

すべての画像を見る(8件)

店の真ん中には、なんといけすが設置!なかには、下関から直送された国産のとらふぐが泳いでいる。鮮度抜群の魚介が食べれるのも、市場直結だからこそ実現できる魅力の1つだ。

店内にはいけすが設置されている。新鮮なふぐを食べられるのは市場ならでは

店内にはいけすが設置されている。新鮮なふぐを食べられるのは市場ならでは

2時間30分の飲み放題メニューには「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」をはじめとするビールはもちろん、ワイン、ウイスキー、焼酎をベースにつくるカクテルドリンクやソフトドリンクが常時40種類以上用意される。自分好みに作れるため、飽きることなく楽しめる。

常時40種類以上の豊富な飲み放題メニュー

常時40種類以上の豊富な飲み放題メニュー

いざ、実食!

初めてのふぐ料理に、ドキドキを隠せないライター。まずは、とらふぐの刺身、てっさをパクリ。食感はコリコリで、味はさっぱり。ポン酢や薬味で様々な食べ方ができ、ずっと食べていられる!と美味しさに感動した。

ふぐ料理の定番、てっちり

ふぐ料理の定番、てっちり

そして、コースのメインとなるとらふぐの鍋、てっちりを食す。先ほどのてっさと違い、ふわふわとした食感だ。同じふぐでも、こんなにも変わるのかと驚いた。

【写真を見る】コースのメインのてっちり。てっさとの食感の違いを楽しめる

【写真を見る】コースのメインのてっちり。てっさとの食感の違いを楽しめる

「とらふぐ鍋 基本コース(飲み放題付き)」(5000円)には、てっさ、てっちりのほかに、料理長おすすめの揚げ物料理やシメの雑炊、甘味までつく充実した内容になっている。

コースには、料理長おすすめの揚げ物料理や甘味まで付く

コースには、料理長おすすめの揚げ物料理や甘味まで付く

天候を心配する必要がなく、高級食材ふぐと豊富な種類のドリンクを低価格で楽しめるのが人気の理由ではないだろうか。宴会や忘年会にもピッタリな「柳橋ビアガーデン」で、年末のご褒美に、とらふぐを堪能してみては。

■市場直結 柳橋とらふぐ鍋ガーデン / 期間:2019年10月25日(金)~2020年2月2日(日) / 会場:柳橋ビアガーデン / 住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-15-2 マルナカ食品センター 屋上 / 電話:052-571-5545 / 時間:17:30~23:00、土日祝 15:00~(フード LO 22:00、ドリンク LO 22:30) / 休み:月曜、2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金) / 料金:「とらふぐ鍋 基本コース」(5000円)ほか

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る