ディズニーホテルで楽しむ!リッチなハロウィーンディナー

2019年10月24日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ディズニーアンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」では、キュートなデザートプレートも付いた豪華なメニュー「“ディズニー・ハロウィーン”エンパイア・グリル・ディナー」(1万円)を10月31日まで提供中。

うずまき形の「カシスとレモンのゼリー」がハロウィーンのワクワク感を演出(c)Disney


同メニューは、「牛タンのグリルコンフィと白レバーペースト 竹炭ブリオッシュと林檎のサラダ」から始まり、「ポルチーニ風味のピュレをまとったポーチドエッグ カシスソース ペンネグラタンを添えて」「黒鯛のポワレ カボス香るグルノーブル風ソース サボイキャベツのブレゼとともに」と続く。

さらに、「ビーフテンダーロインのグリル クミンのソース カボチャのリヨネーズ」か「パンデピスをまとったホロホロ鳥胸肉のファルス包み 焦がしマスタード香るシェリーヴィネガーソース」を選択。デザートは「洋梨のシブーストとコンポート マンダリンオレンジソルベを添えて」が付いてくる。

「エンパイア・グリル」は、ディズニーアンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン(c)Disney


「牛タンのグリルコンフィ」は、ひと手間かけ、牛タンをマリネしてからグリルしたもの。添えたリンゴのゼリーが、爽やかさと美しさをアップさせている。また、ブラックカラーを取り入れた竹炭ブリオッシュがハロウィンらしさを強調。このブリオッシュと白レバーのペーストが絶妙なハーモニーを演出する。

【写真を見る】食感も楽しい「パンデピスをまとったホロホロ鳥胸肉のファルス包み 焦がしマスタード香るシェリーヴィネガーソース」(c)Disney


「ホロホロ鳥胸肉のファルス包み」は、鶏肉にキノコやキャベツを詰めたもので、さまざまな食感を楽しめるのが特徴だ。2種類のマスタードを合わせたシェリーヴィネガーソースは、ほんのり酸味の効いた味わいに仕上がっている。

そして、スパイスの効いた生地を使用した大人味の「洋梨のシブースト」のお皿には、ラズベリーのソースと、目にも鮮やかな、うずまき形の「カシスとレモンのゼリー」をプラス。このうずまきは、ハロウィーンイベントのビジュアルをモチーフにしたものだそうで、ミッキーマウス&ミニーマウスの砂糖菓子と共に、ポップな楽しさを演出している。

※メニュー内容や価格は変更となる場合あり

※品切れや販売終了の場合あり

Raira

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る