北海道の直送生カキを160円で!三宮の手作り居酒屋「キヨリト Sakanoba 酒挟む」

2019年10月31日 8:00更新

関西ウォーカー 編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道の漁師から直接仕入れるカキが看板メニューの居酒屋「キヨリト Sakanoba 酒挟む」。手作りのおいしさにこだわり、おでんの出汁巻き(680円)、マスカルポーネのチーズ豆腐(650円)など、ひとひねりを加えたメニューがそろう。<※情報は関西ウォーカー(2019年22号)より>

北海道直送で年中提供!連日完売の新鮮なカキを

生カキ(1個160円、手前)、肉じゃが串(320円、中左)、まるまるトマトの酢物(580円、中右)、キヨリトレモンサワー(500円、奥)/キヨリト Sakanoba 酒挟む

生カキ(1個160円、手前)、肉じゃが串(320円、中左)、まるまるトマトの酢物(580円、中右)、キヨリトレモンサワー(500円、奥)/キヨリト Sakanoba 酒挟む

すべての画像を見る(3件)

トマトの酢物は自家製三杯酢で優しい味わい。ジャガイモを肉で巻いて煮込んだ肉じゃが串もインパクト大。

【写真を見る】桜エビとたくあんのおにぎり(230円)。炙った桜エビの香ばしさが食欲をそそる/キヨリト Sakanoba 酒挟む

【写真を見る】桜エビとたくあんのおにぎり(230円)。炙った桜エビの香ばしさが食欲をそそる/キヨリト Sakanoba 酒挟む

「北海道は海水温が低く年中新鮮なカキが届きます。関西でよく食べられている瀬戸内のカキとはまた違った味わいなのでぜひ食べてみてください」と、店長の佐藤亜由美さん。

スタッフ手作りの木目調の空間にカウンター、テーブルを配置/キヨリト Sakanoba 酒挟む

スタッフ手作りの木目調の空間にカウンター、テーブルを配置/キヨリト Sakanoba 酒挟む

壁にはわかりやすい料理の手描きイラストあり。今後、2階フロアも開放予定。

「ミルク感と甘味が濃厚で“海のミルク”ならぬ“海のパンナコッタ”のような、北海道の新鮮なカキを1個160円とリーズナブルに楽しめる。翌朝まで営業していますが、毎日売り切れるほどの人気なので予約がおすすめ。ジンで作るオリジナルのレモンサワー(500円)との相性が抜群ですよ。ランチタイムのカキフライ定食(1000円)もぜひ」(ライター・ウエツキ)

■お店DATA/個室なし/飲み放題あり/クレジット可/コースあり/予算昼1000円、夜3500円~4000円

■キヨリト Sakanoba 酒挟む<住所:兵庫県神戸市中央区加納町3-10-7 電話:078-252-2200 時間:11:00~15:00(LO)、18:00~翌6:00(LOフード5:00、ドリンク5:30) 休み:なし 席数:19席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:JR三ノ宮駅より徒歩7分>

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る