無料〜150円で温泉巡り!大分・別府の鉄輪温泉で入れる公衆浴場6選

2019年11月18日 16:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

格安から、なんとタダで入れる公衆浴場までそろう大分県の鉄輪温泉。いろいろ巡って、“温泉天国・九州の底力”を感じよう!※各自治会で管理しており、営業時間など変更の可能性あり。マナーを守って入浴しよう。

渋の湯

永福寺のすぐ下にあり、ロッカー代100円が入浴料となる。浴場横に備わる、高温の湯が竹枝を流れる間に冷めて適温になる仕組みの「竹製冷却装置」も必見。

浴場横に備わる、高温の湯が竹枝を流れる間に冷めて適温になる仕組みの「竹製冷却装置」も必見 / 渋の湯

浴場横に備わる、高温の湯が竹枝を流れる間に冷めて適温になる仕組みの「竹製冷却装置」も必見 / 渋の湯

すべての画像を見る(12件)

渋の湯の外観

渋の湯の外観

[渋の湯] 大分県別府市鉄輪風呂本1組 / 電話なし / 6:30〜21:00 / 無休 / 100円※脱衣場のロッカー代として

上人湯

「いでゆ坂」の入口にある武家屋敷のようなたたずまい。向かいの「まさ食堂」で100円を支払い、入浴札を受け取ったら、浴室の札かけにかけて入浴を。

向かいの「まさ食堂」で100円を支払い、入浴札を受け取ったら、浴室の札かけにかけて入浴を / 上人湯

向かいの「まさ食堂」で100円を支払い、入浴札を受け取ったら、浴室の札かけにかけて入浴を / 上人湯

上人湯の外観

上人湯の外観

[上人湯(しょうにんゆ)] 大分県別府市鉄輪風呂本5組 / 電話なし / 10:00~17:00 / 無休 / 100円

熱の湯温泉

鉄輪のなかでも古い市営の共同浴場で、駐車場もあり、入浴料はなんと無料。そのためいつも多くの人でにぎわう。適温になるよう加水し、観光客も入浴しやすい。

【写真を見る】入浴料はなんと無料!/ 熱の湯温泉

【写真を見る】入浴料はなんと無料!/ 熱の湯温泉

熱の湯温泉の外観

熱の湯温泉の外観

[熱の湯温泉] 大分県別府市鉄輪井田1組 / 電話なし / 6:30〜21:00 / 不定休 / 無料

谷の湯

平田川沿いにあり、21:30まで入浴可能。天保時代から存在する名泉として知られ、塩化物泉の湯は腰痛などに効くといわれる。入浴料は浴場の隣の建物へ。

天保時代から存在する名泉として知られ、塩化物泉の湯は腰痛などに効くといわれる / 谷の湯

天保時代から存在する名泉として知られ、塩化物泉の湯は腰痛などに効くといわれる / 谷の湯

谷の湯

谷の湯

[谷の湯] 大分県別府市北中1組8 / 電話なし / 6:30〜21:30 / 無休 / 150円(隣接する民家の受付へ支払う) /

すじ湯温泉

神経痛や筋肉痛などの“筋”によく効くことから「すじ湯」の名が付いた。水の蛇口はなく一切加水なし。少し熱めの湯が、体にじんわりと染み渡る。

少し熱めの湯が、体にじんわりと染み渡る / すじ湯温泉

少し熱めの湯が、体にじんわりと染み渡る / すじ湯温泉

すじ湯温泉の外観

すじ湯温泉の外観

[すじ湯温泉] 大分県別府市鉄輪井田4組 / 電話なし / 6:30〜20:00 / 無休 / 100円

地獄原温泉

鉄輪の石畳にピッタリな和風建築の外観。立ち寄りやすい雰囲気で、湯加減がちょうどいい。入口正面にある賽銭箱へ100円を入れてから入浴しよう。

立ち寄りやすい雰囲気で、湯加減がちょうどいい / 地獄原温泉

立ち寄りやすい雰囲気で、湯加減がちょうどいい / 地獄原温泉

地獄原温泉の外観

地獄原温泉の外観

[地獄原(じごくばる)温泉] 大分県別府市鉄輪東6組 / 電話なし / 6:30〜21:00 / 無休 / 100円

【税率に関して】当記事で掲載している温泉入浴料は税込表記ですが、入浴料以外は税別表記としております(一部例外もあります)。また、商品によっては軽減税率の対象となる場合、本誌表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る