まるで一面の雪!? 「ラーメンWalker北海道」の限定麺ラリー第2弾は札幌の名店「山嵐」

2019年11月9日 12:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道の人気ラーメン店が「ラーメンWalker北海道2020」の読者のために、2020年7月までラリー形式で限定のラーメンを作る「限定麺ラリー」。札幌を中心にラーメン店スタンプラリーを開催している「らの道札幌」の協力の下、人気の10店舗が「ラーメンWalker北海道」に集結。北海道のラーメンシーンをにぎわす精鋭店主たちが、『北海道愛あふれる一品』『見た目が豪華』『初登場のオリジナル』をテーマにスペシャルメニューを考案する。

10月に始まった第一弾の「麺処まるはBEYOND」に続く待望の第二弾は、「山嵐本店」によるホタテのラーメンが11月12日(火)に登場!

白い泡が雪のよう! ホタテの旨味感じる一杯

「泡とホタテと豚骨」(1,000円、1日20杯限定)

「泡とホタテと豚骨」(1,000円、1日20杯限定)

すべての画像を見る(4件)

背脂いっぱいのこってり風なのにあっさり食べられる、それまで札幌にはなかった新しい豚骨ラーメンを生み出した「山嵐本店」。その原点の「白スープ」は、ラーメン店での修業経験がない大村店主が独学で作り上げたもの。豚骨の臭みを感じさせない濃厚な一杯は、今や札幌の定番の味の一つとなっている。「白スープ」に魚介の旨味を加えた「海スープ」も人気だ。

そんな同店が考案した限定メニューが、「泡とホタテと豚骨」(1,000円、1日20杯限定)。スープ表面の白い泡で北海道の雪景色を表現! 同店自慢の豚骨スープのおいしさはそのままに、ホタテの旨味が加わった。 2019年11月12日(火)~17日(日)の期間限定で食べられる特別な一杯をお見逃しなく!

ここが北海道愛!のポイント

【写真を見る】限定麺のポイントとなる材料

【写真を見る】限定麺のポイントとなる材料

北海道産小麦を100%使った麺を使用。オホーツク産のホタテは、旨味を抽出したエキスをスープに追加。トッピングに刻んだホタテも。

「山嵐本店」店主・大村哲也さん

「山嵐本店」店主・大村哲也さん

「味はもちろん、白い泡の見た目からも北海道らしさを感じてくれたらうれしいです」(店主・大村哲也さん)

【実施日】2019年11月12日~17日(日)

山嵐本店 住所:札幌市豊平区平岸1-9-6-1 電話:011・815・3030 営業時間:11:30 ~ 16:00、17:00 ~ 21:00(各LO) 休み:月曜 座席:12席(禁煙) 駐車場:11台(無料) アクセス:地下鉄南北線平岸駅より徒歩7分

すべての限定麺を食べると、プレミアムレンゲが抽選で50名に当たる!

限定麺ラリーは、2020年7月まで開催。続く2019年12月は「我流麺舞 飛燕」、2020年1月は「ふじ屋NOODLE」と人気店が登場するので要チェック!

食べる際に各店からシールをもらって、本誌の台誌に貼ろう。参加10店舗すべての限定麺をコンプリートしたら、プレゼントに応募してみよう! 抽選で50名にラーメンWalkerプレミアムレンゲが当たる。ラーメン好きにはたまらない本企画、ぜひこの機会に参加しよう。

詳細は発売中の「ラーメンWalker北海道2020」をチェック!

「ラーメンWalker北海道2020」は好評発売中!

「ラーメンWalker北海道2020」は好評発売中!

※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker北海道2020」の持参が必須なので注意(1人1冊、電子版不可)。開催時当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニューの内容、金額、食べられる杯数(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり。

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る