冬を彩る花火と演舞!静岡県伊東市で「とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り」開催

2019年11月26日 13:53更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

12月の夜空を彩る華やかな花火と熱狂的なダンスパフォーマンスが競演する「とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り」が、12月22日(日)に静岡県伊東市のなぎさ公園で開催される。

よさこいソーズラと温泉の熱気で伊東の冬が熱くなる!

よさこいソーズラと温泉の熱気で伊東の冬が熱くなる!
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

当日は正午から、なぎさ公園で多くの店舗が出店するフリーマーケット「フレンドシップバザール」がオープン。さらに、夕方から始まる祭りの前に伊東駅ロータリーで複数のチームの演舞を行う「よさこいソーズラウエルカムステージ」が開催される。

夕方から行われる祭りでは、「オープニングセレモニー」として伊東太鼓の演奏、よさこいデモンストレーション演舞、紅白餅まきなどが行われ、「冬のよさこいソーズラ祭り」が開幕する。

【写真を見る】とっておきの冬の花火がよさこいソーズラの演舞を盛り上げる

【写真を見る】とっておきの冬の花火がよさこいソーズラの演舞を盛り上げる写真は主催者提供

市内を始め、北海道や東京都、神奈川県から多数のチームが集まり、個性的な衣装や振り付けで舞い競う「よさこいソーズラ踊り」が始まると、会場周辺は大盛り上がり。最後に海上からファンタジックな花火が打ち上げられ、祭りのフィナーレを飾る。また、なぎさ公園では「温泉たまごの試食コーナー」も登場する。

「とっておき冬花火大会&冬のよさこいソーズラ祭り」に出かけて、演舞と花火を満喫しよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る