北海道札幌市の路面電車が車両まるごと「雪ミク」に!担当声優のアナウンスも

2019年11月25日 16:48更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道札幌市の路面電車が、2020年3月25日(水)まで「雪ミク電車」になる。

毎年電車を見ようと多くの人が訪れる

毎年電車を見ようと多くの人が訪れる
(C)CFM

すべての画像を見る(2件)

2010年度より開始し、毎年様々な衣装を着た「雪ミク」を車両にラッピング。今年で10回目の実施となった同イベントは、年々知名度が向上し人気を集めている。今年の衣装は「北海道の雪をイメージした『楽器』」をテーマにデザイン。車内広告枠には雪ミクのイラストやポスター等が展示され、車内放送は通常車両のアナウンス音声ではなく、初音ミクのボイスを担当する声優の藤田咲(ふじた・さき)の音声で運行する。

【写真を見る】今年の衣装にも注目だ

【写真を見る】今年の衣装にも注目だ(C)CFM

担当者は「『雪ミク』が奏でる楽しい音楽が聞こえてくるような、街中なのに優しい光の差し込む森を感じられるようなイメージで色々な音符を散りばめました。どんな音符があるかじっくり探してみてください」と見どころを話す。

北海道応援キャラクター「雪ミク」があしらわれた車両は必見。ぜひこの機会に札幌で「雪ミクラッピング車両」に乗ろう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る