“恋人の聖地”の夜を100万球の輝きが彩る「フラワーパーク イルミネーション」が茨城県石岡市で開催中

2019年12月10日 14:45更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

茨城県石岡市の茨城県フラワーパークで2020年1月13日(月)まで、「フラワーパーク イルミネーション」が開催されている。

ハート型のオブジェも登場

ハート型のオブジェも登場
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

2018年の100万球の規模を拡大し、今年度は新規演出や従来の設備が充実。コンセプトは「光のブーケ」で、訪れる人が心をときめかせ、思い出に残る時間を過ごせるイルミネーションとなっている。

【写真】カップルで訪れたくなる空間が広がる

【写真】カップルで訪れたくなる空間が広がる写真は主催者提供

担当者は「茨城県フラワーパークでは、今年の冬もイルミネーションを開催。今年度は規模をさらに拡大、スケールアップしています。新エリアをメインエリアとし、毎年来園くださるお客様にも『変わった感』のある、飽きさせない演出をします」と魅力を話す。

進化を続ける「フラワーパーク イルミネーション」。“恋人たちの聖地”にカップルで行こう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る