約2万5000球が水辺を幻想的に彩る「環水公園スイートイルミネーション2019」が富山県で開催中

2019年12月10日 15:01更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

富山県富山市の富山県富岩運河環水公園で、2020年2月24日(月)まで「環水公園スイートイルミネーション2019」が開催されている。

12月21日(土)の花火は必見

12月21日(土)の花火は必見
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

公園のシンボルである天門橋と泉と滝の広場を、約2万5000球のLEDでライトアップ。高さ11メートルのイルミネーションツリーも設置され、冬の水辺を鮮やかに彩る。公園では、四季折々で演出が異なるライトアップファンタジーを通年で実施しており、こちらもあわせて楽しめる。水面に映るイルミネーションツリーとモールの美しさが見どころだ。また、12月21日(土)の「環水公園スイートクリスマス2019」では1000発の音楽花火が打ち上げられる。

【写真】催しも豊富なので、暖かい服装で訪れよう

【写真】催しも豊富なので、暖かい服装で訪れよう

担当者は「毎年恒例イベントとなりつつあるスイートイルミネーションですが、今年はこっそり一部リニューアルしています。ぜひ現地に来て『ハート』を見つけてください。また、今年のクリスマスは例年と異なり、2日間イベントを実施します。12月22日(日)にはサンタクロースが登場して、プレゼントが当たる抽選会などが開催されます。カップルで、ファミリーで、冬の環水公園に是非お越しください」とイベントについて話す。

グレードアップした「環水公園スイートイルミネーション2019」。まだ訪れていない人はぜひ足を運ぼう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る