ムーミン谷にオーロラが出現…!不思議でロマンチックな物語の世界を探検

2019年12月19日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) 岡部礼子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
【写真】夜のムーミン屋敷に、幻想的で色鮮やかなオーロラが映し出される

【写真】夜のムーミン屋敷に、幻想的で色鮮やかなオーロラが映し出される

今年初めての冬を迎えた「ムーミンバレーパーク」では、2020年3月8日(日)までの期間、「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」が開催。アートとテクノロジーがコラボした、光や音、映像とともに物語を体験できるイベントで、訪れる人たちを冬のムーミンの世界へといざなってくれる。

ムーミン谷の不思議な冬の世界を再現

小説「ムーミン谷の冬」をテーマに、昼と夜で異なる表情を演出する「ムーミンバレーパーク」。はじめて冬眠から目覚めてしまったムーミントロールが体験する、不思議な冬の世界を再現している。

簡単な謎を解きながら園内を回る「おさんぽラリー~りすをさがして~」

簡単な謎を解きながら園内を回る「おさんぽラリー~りすをさがして~」

昼間は「おさんぽラリー~りすをさがして~」が開催中。なぞ解きをしながら園内をめぐるイベントで、難易度も低いので、小さな子供のいるファミリーでも気軽に挑戦できる。参加したい人は、入り口すぐの「はじまりの入り江エリア」にある「はじまりの店」でラリーの用紙を入手しよう。

ムーミン屋敷の壁面にムーミンの仲間たちが浮かび上がる

ムーミン屋敷の壁面にムーミンの仲間たちが浮かび上がる

次々に変わる演出に目が離せない

次々に変わる演出に目が離せない

「ムーミン谷エリア」ではナイトイルミネーションも実施。ムーミン屋敷にて約10分間のプロジェクションマッピングを行っており、オーロラが映し出される。実際のオーロラのように、気温や湿度などによって見え方が変わるしくみ。美しい光に包まれたムーミン屋敷の様子に、子供から大人まで目が離せなくなるはず。冬の夜空で光と音が織り成すムーミン谷の世界を体感できる。

フォトスポットとしても人気

フォトスポットとしても人気

また、ムーミン屋敷の前には高さ約4メートルの冬のシンボル「ムーミン谷のウィンターツリー」が登場。音を奏でる不思議なツリーで、夜になるとバイオリンなどの楽器が浮かびあがり、フォトスポットとしても人気を集めている。

幻想的な雰囲気の夜の「おさびし山エリア」

物語のワンシーンが映し出される

物語のワンシーンが映し出される

「おさびし山」までの道のりには光の花が咲き乱れる

「おさびし山」までの道のりには光の花が咲き乱れる

これまで夜はオープンしていなかった「おさびし山エリア」にも演出が行われている。夕暮れを過ぎると「おさびし山」までの道のりには、冬にだけ光るといわれている花が咲き乱れ、幻想的な光の花道が現れる。登っていった先の頂上には「天文台」があり、雪玉のランタンの灯りを通して物語のワンシーンが映し出され、本の世界に迷い込んだような不思議な体験が可能。

暗くなってくると、園内の足元にもしかけが。「あいまいなものの道」ではムーミンの仲間たちと一緒に“雪遊び”が楽しめる。「みんなの足あとの道」には、プロジェクションマッピングの演出によりいろいろな足跡が出現し、歩くのが楽しくなる。

おかしなものたちの切り株ロール(600円)

おかしなものたちの切り株ロール(600円)

展示施設「コケムス」のあるレストラン「ルオカラ」やカフェ「カハヴィラ」には冬季限定メニューが登場しており、寒い日にホッとひと息つくのにぴったり。また、ワークショップでも「ムーミン谷のアイシングクッキー」(3枚セット/税込2500円)や「針と糸でムーミンのアートをつくろう!」(税込2000円)といった新しいプログラムが用意されている。

たくさんのしかけと演出が詰まった「ムーミンバレーパーク」の冬。澄んだ冬の空気と美しい自然の中で、ムーミンの物語の世界を探検しよう。

(C)Moomin Characters

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る