“ムサシ”到達記念! 163万4000円の“スカツリ小判”登場

2011年4月24日 11:12更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月下旬、自立式電波塔として、ついに世界一の高さ634m(ムサシ)に到達した「東京スカイツリー(R)」。そんなタワーの英姿をたたえようと、なんと163万4000円(!)の超高級・純金小判が発行された。

今月4日に松本徽章工業より発行された「東京スカイツリー 公認記念小判」は、表面にダイナミックなスカイツリーの英姿を、裏面天地に桜花、銀杏、ロゴマークを描いた純金小判。大きさは4種類から選べるが、天地100mm・173gの一番大きな小判は163万4000円と、かなり高値だ。同社広報担当者は、「お値段はしますが、予約も入っており、すでに好評を得ているんですよ」と自信の声。「東京だけでなく、全国の方に買っていただきたいですね」とコメントする。

制作者たちは、「鉄塔部分の丸みのある部分を、レリーフでどう表現するか」というところで悩んだのだそうだが、今回はそれを見事に克服。日本に古来より伝わる美的感覚“しなやかな曲線”“美しいシルエット”をきれいに描き出したのだ。

ちなみに、163万4000円の「東京スカイツリー 公認記念小判」は、63枚限りの限定発行。他にも、63万4000円(天地80mm・66.5g)、16万3400円(天地53mm・17g)の純金小判や、1万6340円(天地70mm・50g)の純銀小判が発行される。人気が高まるスカイツリーグッズの中でもレア商品になることは間違いないので、気になる人は早めにチェックして。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る