氷見に訪れる冬の七夕「イルミネーション・in・ひみ」が富山県で開催中

2019年12月24日 15:06更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

富山県氷見市の忍者ハットリくんカラクリ時計で、2020年2月28日(金)まで「イルミネーション・in・ひみ」が開催されている。

笹のイルミに願いを込めて短冊をつるそう

笹のイルミに願いを込めて短冊をつるそう
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

今季のテーマは「冬の七夕 光のページェント~みんなの願いをのせて~」。市民や来場者の願いをのせた短冊が、イルミネーションと共に氷見の夜に輝く。湊川に架かった天の川イルミネーションをはじめ、光のアーチや装飾されたメディアタワーは写真スポットにおすすめだ。短冊は、周辺の商店街店舗内に設置されたスペースで記入して飾り付けることができるので、ぜひ参加してみよう。

【写真】訪れるだけでワクワクするようなイルミが満載

【写真】訪れるだけでワクワクするようなイルミが満載写真は主催者提供

担当者は「今回は『冬の七夕』がテーマ。近くの商店街店舗内にて短冊に願いを書いて飾れるので、老若男女問わずたくさんの方々にぜひ足を運んでいただきたいです。また、InstagramやFacebookを通じてフォトコンテストも開催しておりますので、『#イルミネーションひみ』のハッシュタグと共に皆様の素敵な投稿もお待ちしております」と呼び掛ける。

夏のものとはひと味違う、光り輝く冬の七夕を見に行こう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る