テーマはヘヴィーメタル!“ハードかわいい”いちごビュッフェが開催中

2020年1月14日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版) 佐藤理沙子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ヒルトン名古屋(愛知県名古屋市)にて、2020年5月6日(水・祝)までの木~日曜と祝日限定で、これまでにないコンセプトのデザートビュッフェ「~ハードに恋して~ストロベリーメタル・デザートビュッフェ」を開催中。ヘヴィーメタルに着想を得たハードなメタリック感といちごのキュートさを組み合わせ、“ハードかわいい”ストロベリーデザートの世界を表現する。

“ハードかわいい”世界観を表現した「~ハードに恋して~ストロベリーメタル・デザートビュッフェ」

“ハードかわいい”世界観を表現した「~ハードに恋して~ストロベリーメタル・デザートビュッフェ」

すべての画像を見る(13件)

多様なテーマを展開し、スイーツのクオリティはもちろん、フォトジェニックなそのビジュアルでも毎回話題を集める同ホテルのデザートビュッフェ。中でもストロベリーデザートビュッフェは一番の人気を誇るイベントで、毎年開催を待ち望む声も多いという。ヘヴィーメタルを題材にした今回は、ローズゴールドやメタリックピンク、赤を基調に、ギター、ドラムなどの楽器や斧、スタッズ、デビル、炎などハードなアイテムをモチーフにした、インパクト満点のスイーツ&セイボリー約20種を用意した。

【写真】“食べられる”実寸大ギターが登場!中身はいちご&ピスタチオのムース

【写真】“食べられる”実寸大ギターが登場!中身はいちご&ピスタチオのムース

スイーツメニューには、ヒルトン伝統のベルベッドケーキに、真っ赤な血のようないちごソースを添えた「血のベルベットケーキ」や、鋼板に見立てたベルギー・ベルコラーデ社のチョコレートを、参加客がハンマーで割って食べる「怒りのハンマーチョコレート」、ドラムをモチーフにしたイチゴ風味のティラミス「クレイジードラムのストロベリーティラミス」などをラインナップ。中でも、パティシエが目の前で調理する「ライブステーション」に登場予定の実寸大ギターケーキ、「ストロベリーメタル・ギター」は絶対に見逃せない。ヘヴィーメタルの“華”とも言えるギターを、いちごとピスタチオを組み合わせたなめらかなムースケーキで表現。ボディーを真っ赤なフランボワーズゼリーでコーティングし、チョコレートなどでギターの各パーツを再現するなど、その完成度の高さに驚くこと間違いなしだ。

参加客がハンマーで割って食べる「怒りのハンマーチョコレート」

参加客がハンマーで割って食べる「怒りのハンマーチョコレート」

いちごを使ったメニューのほか、トマトソース味のペンネやトルティーヤを用意

いちごを使ったメニューのほか、トマトソース味のペンネやトルティーヤを用意

そのほか、サラダほうれん草やいちごが入った「いちごのパンツァネッラ」をはじめ、オリジナルのソースで味わう「コーンチップス いちごのサルサ」といったセイボリーメニューや、いちごを使ったノンアルコールドリンクなどを用意。いちご好きにはたまらない、いちごず尽くめの夢のようなメニュー構成となっている。本イベントは、いちごが旬を迎える5月まで開催。一流のホテルパティシエがこだわり抜いた、“ハードかわいい”デザートの世界を堪能しよう。

この記事の画像一覧(全13枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る