日本初、バス&トイレ連結のドームテントも!伊豆高原の最新グランピング施設で極上の非日常体験

2020年3月19日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

この春注目のグランピング施設が、伊豆シャボテン動物公園のオフィシャルホテル「伊豆シャボテンヴィレッジ」(静岡県伊東市)にオープンした。キャビン型バス&トイレルームが連結された日本初のドームテントに、プライベートデッキで味わう豪華なアウトドアディナーなど、心躍る要素が満載の同施設。今回は、本格的なアウトドアシーズンの到来に先駆けて、その魅力をたっぷりお届け!

グランピングがより快適に!ドームテントとバス&トイレが連結

近年何かと話題のグランピング。「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)」を掛け合わせた造語で、贅沢なキャンプという意味を持つ。

キャビンタイプのバスルームが連結されたドームテント

夜になりライトアップされると、一気にロマンチックな雰囲気に

伊豆シャボテンヴィレッジに登場した今回のグランピング施設は、豊かな自然環境とおしゃれな雰囲気、さらには利便性までをも兼ね備え、随所にこだわりが満載!中でも最大の特長は、バス&トイレとドームテントが一体になっていること。

清潔感あふれるシンプルなバスルーム

キャビン型のバスルームは、バス、トイレ別で広さ10.61平方メートル。このバスルームがテントに連結されていることにより、手洗いや洗面のために戸外へ移動する必要がないので、とにかく便利。プライベート性もばっちりだ。朝から夜まで、人目を気にせず、ゆったりくつろぐことができる。
バスルームの隣には、洗面台、ウォシュレット付きの洋式トイレを完備。アメニティも充実していて、シャンプー&コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、ヘアブラシ、タオルはもちろん、コットンセット、フェイシャルセット、シェービングセットもそろっている。

インテリアも妥協なし!非日常へと誘うおしゃれなテント空間

カラフルな色使いの和洋室タイプ。こたつがくつろぎの空間を演出
すべての画像を見る(11件)

色鮮やかなソファがアクセントを加える洋室タイプ

バス&トイレが別に設けられているメリットはほかにも。約28.26平方メートルのドーム内を広々と活用できるので、空間演出にもこだわりが光る。テント内はハイセンスなコーディネートでまとめられ、テンションが上がること間違いなし!また、ドームテントの壁面は二重構造。外気温に関わりなく室内を快適に保ってくれる。もちろん、エアコンも全室に付いているので、冬や夏も安心だ。

スタイリッシュな外観が目を引く、洋室タイプのドームテント

ドームテントは洋室タイプ(2~5名)に加え、こたつが用意されている和洋室タイプ(2~5名)、布団使用の和室タイプ(2~6名)もある。

自然を感じながら、プライベートデッキで味わう至福のディナー

味もボリュームも大満足!シェフこだわりのグリルバーベキューを召し上がれ

優しい明かりを灯すプライベートデッキ。ここでしか体験できない、贅沢なディナーを楽しめる

食事もグランピングの楽しみのひとつ。夕食は、テントに併設されたプライベートデッキで、シェフ特製のアウトドアディナーに舌鼓。肉や魚をふんだんに使用した最上級の串焼きグルメから、ブイヤベース、デザートまで、贅沢なメニューが堪能できる。

断面も美しい野菜たっぷりのサンドイッチで、1日の元気をチャージ!

朝は自然を眺めながら、ミル挽きコーヒーの芳醇な香りを楽しんで。

動物に自然、イルミまで!周辺観光も大充実

グランピング施設は伊豆高原屈指のリゾートエリアにあるので、周辺にはレジャー施設や観光スポットが盛りだくさん。なかでも絶対に外せないのは、施設から徒歩0分の「伊豆シャボテン動物公園」。同園ならではの楽しみや見どころが満載で、動物たちが暮らす大小9つの島と沿岸をボートで巡る「アニマルボートツアーズ」は、国内でここだけのプログラムだ。ほかにも、カピバラと思う存分触れ合える「カピバラ虹の広場」などがあり、子供から大人まで楽しめる。

伊豆シャボテンヴィレッジのグランピング施設は、大室山の麓に位置する

伊豆高原の大自然を満喫したい人は、伊豆シャボテン動物公園と同じく徒歩0分の場所にある、「大室山(おおむろやま)」もおすすめ。約4000年前の噴火で誕生した大室山は、国の天然記念物に指定され、伊豆高原最大のパワースポットでもある。
さらに車を3分ほど走らせれば、伊豆ぐらんぱる公園にも楽々到着。同園では現在、日本初の体験型イルミネーションを開催中。10分おきにスタートする3つのショーや、ナイトアトラクションが充実しているほか、夜行性動物のキンカジュー(アライグマ科キンカジュー属に分類される食肉類)に餌をあげることができるレアな体験も。夜まで存分に遊ぶことができる。
贅沢なグランピングを可能にする最新設備と、多彩な遊びがそろう抜群の立地。伊豆シャボテンヴィレッジで、理想の休日を実現してみては?【ウォーカープラス/PR】
水梨かおる

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る