コーヒー注文でサンゴ育成 天王洲に“沖縄カフェ”誕生

2009年1月15日 16:06更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1/13、天王洲アイルに「アルトゥーレ・トラベルカフェ」(東京都・天王洲)がオープンした。沖縄がテーマのこのカフェ、おもしろいのはコーヒーを注文するとサンゴの育成ができることだ。

実はコレ、沖縄県・北谷町のリゾートマンションの環境保全型プロモの一環。店内で販売したコーヒーの売上の一部を、サンゴの保護活動を実施しているNPO法人に寄付し、サンゴの育成に役立てようというもの。カフェの床面積(約120平方メートル)と同じ面積となる約1135本分のサンゴ育成を目指すという。

寄付メニューはサンゴにちなんだ35(サンゴ)コーヒー(350円、ナイトタイムは535円)。ランチはタコライスやアボカドスパム丼(共に780円)やラフテー丼(880円)などがそろい、夜も沖縄のシーサーをイメージしたシーサーサラダ(680円)や、ゴーヤちゃんぷる(780円)などの豊富な沖縄フードが楽しめる。

沖縄を手軽に楽しめて、サンゴ育成にちょっぴり貢献できるカフェとして、沖縄好きは注目だ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る