7/16(土)、キャナルシティ博多で発売記念イベント決定! T-Pistonz+KMCのVo.トン・ニーノを直撃!

2011年7月7日 14:22更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7/6に発売されたT-Pistonz+KMCの8作目となるシングル「天までとどけっ!」は、勢いのある歌詞と美しいメロディが絡むディスコチューン。大人気アニメ「イナズマイレブン」の十年後の世界を描いた新シリーズ「イナズマイレブンGO」の主題歌だ。新曲発売に合わせて福岡に帰ってきたトン・ニーノ(博多育ち)を直撃した。

―今回の曲は、前回までとずいぶん違った印象がありますね。

「イナズマイレブンの前回のストーリーが終わり、新しいストーリーが始まって主人公も変わりました。それで、T-Pistonz+KMCも新しいことにチャレンジしようと思って、できたのがこの曲です」

―なぜディスコサウンドを曲に取り入れることにしたんですか?

「今回ディスコミュージックを選んだ理由は、ディスコミュージックがソウルやファンクを吸収して生まれた当時の新しい音楽だから。『イナズマイレブンGO』が前作を踏まえて十年後の世界を描いているように、僕たちもソウルやファンクという自分たちがいままでやってきた音楽の延長線上にあるジャンルにチャレンジしました」

―すごく印象的なメロディですよね?

「ヒロシ・ドットが散歩中に鼻歌で思いついたというだけあって、サビのメロディはすごくキャッチーでみんなに口ずさんでもらいやすいんじゃないかな。実は、メロディも歌詞も日常生活の中で浮かんでくることが多いんです。『立ち上がリーヨ』もそうで、浴槽から立ち上がろうとした時に腰を打ってしまって、その痛みに耐えて立ち上がろうとした瞬間にサビとこのフレーズがひらめいたんです」

―そもそも、「リーヨ」という言葉はどうやって生まれたんでしょう?

「『リーヨ』は博多弁なんですよ。福岡から東京に戻る時に、『送らんでいいけん』っていつも言ってるのに母親が途中まで送ってくれるんです。それで、別れ際に背中をポンッと軽くたたいて『がんばりーよ』って言うんですよ。『がんばれよ』だと一人で頑張れって突き放しちゃう感じなんだけど、『がんばりーよ』はわたしもおるけん一緒に頑張ろうよって言ってくれてる気がするんです。『リーヨ』にはそんなメッセージを込めています。サッカーのテーマソングだったので、リオのカーニバルにもかかってますね」

―ノリのいい楽曲とユニークなパフォーマンスの原点は?

「原点はコロッケさんですね。小学生の時にテレビで見て衝撃を受けました。コロッケさんって顔が大きいじゃないですか。実は僕も顔が大きいのがコンプレックスだったんですけど、コロッケさんが顔を使って笑いを取るのを見て、コンプレックスを武器にして人を喜ばせていることに感動したんです。中学生になって、ラジオから流れてきたデヴィッド・ボウイがかっこいいと思ったんだけど、当時ってインターネットとかないから自分でお店に通うしかないんですよね。そこで見つけたグラムロックのアーティストのファッションと、コロッケさんが真似するジュリーが自分の中でつながったんです。僕がハットをよくかぶるのはその影響ですね。そのあと、パンクを好きになっていくんだけど、共通しているのは自分は自分でいいんだってこと。人と違ってるといじめられたりするじゃないですか? でも、人と違ったっていいじゃん、むしろもっと人と違うことをやっていこうって思えたのは、僕がこんな出会いをしてきたからだと思います」

―T-Pistonz+KMCとしてのこれからの目標を教えてください

「今年はとにかく曲をたくさん作りたいですね。去年ツアーをやったおかげで、曲を作る時にもお客さんの反応を想像しながら作ることができるようになりました。今回の曲もそうだったんだけど、誰が作るとかは事前に決めずに、いい曲ができたらデモテープをみんなで聴いて話し合いながら進めています」

―メンバーとの関係性は変わってきましたか?

「より信頼し合えるようになりましたね。ライブでも、メンバーとの距離感ってすごく大事で信頼関係がないと思い切ったパフォーマンスができないんです。曲作りでも、遠慮せずに思い切ってぶつかり合えるようになりました。ぶつからないといい曲はできないんですよね。そういう意味では理想的な関係だと思います。メンバーがちょうど7人なんで、七色の虹ということで、虹のようなそれぞれのメンバーの色を組み合わせていろんなジャンルの曲を作っていきたいですね。僕自身、レインボーグループのカメレオンボーカルとして(笑)、歌い方にも幅をもたせていきたいですね」

―福岡のファンにひと言お願いします。

「福岡は熱い人が多い!ちょっとでしゃばりだけど、人に対して本当に親身になってくれますよね。その気持ちを忘れずに、自分の好きなことに突っ走っていってほしいです。疲れた時には、T-Pistonz+KMCの曲を聴いて元気を出してほしい。7/16(土)のキャナルシティのイベントには、ラッキィ池田さん似の(笑)イン・チキータも来るのでぜひ楽しみにしていてもらいたいですね」

【福岡ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る