CoCo壱番屋が愛知、岐阜、三重の各県限定で学生コラボカレーを発売!!!

2011年7月19日 16:50更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東海ウォーカー創刊15周年を記念して、本誌連載で活躍中の学生フリーペーパー制作団体がCoCo壱番屋とコラボメニューを開発! 7/19(火)から、愛知、岐阜、三重の各県限定カレーが一部店舗を除くCoCo壱番屋全店で発売中だ。台湾カレー850円(愛知県限定)、各務原豚キムチカレー850円(岐阜県限定)、シーフードオムカレー850円(三重県限定)の3種類のカレーが展開される。

約2か月間に及んだ開発には、幾度となく会議&試食会が行なわれた。「5月初旬のはじめての企画会議では、100以上のアイデアが飛び交いました。中には、高級食材をふんだんに使ったメニュー、絶対に実現しなさそうなメニュー…無茶なアイデアもありました(笑)。今回の各県限定の3つのメニューは、数回にわたる試食会を経て決まった、私たちが本当に食べたいカレーです! ぜひ皆さんも食べてください」と岩田理恵さん(学生フリーペーパー制作団体「粋」代表/※愛知県を担当)は語る。

また学生の強い希望により、栃木県にあるCoCo壱番屋のカレー工場見学ツアーも敢行。「衛生面の徹底管理はもちろん、すべての工程に関して、人間による確認作業を怠らない姿勢にビックリ! 働いている人たちのカレーへの愛情を強く感じました。企画会議、試食会、社長へのプレゼン、店内メニューの制作…開発から店頭に並ぶまでの全工程を知り、カレー一皿に多くの人の情熱と苦労が詰まっていることを知りました。このコラボレーションをきっかけに全国の学生が参加できるような取り組みができたらいいなと思っています」と山本岳広さん(学生フリーペーパー制作団体「fab」所属/※三重県を担当)は語ってくれた。

学生たちの情熱と夢が詰まった“東海3県学生コラボカレー”。東海地区が誇る全国カレーチェーン、CoCo壱番屋と地元の大学生による“本気”コラボカレーをぜひご賞味あれ!!!

【販売データ】

7/19(火)から愛知、岐阜、三重の一部店舗を除くCoCo壱番屋全店で販売(なくなり次第終了)

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る